F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツ「ポイントを争える可能性はあったが、自分にはコントロールできない要因でレースが台無しに」マクラーレン F1中国GP日曜

2019年4月16日

 2019年F1第3戦中国GPが行われ、カルロス・サインツJr.は14位、チームメイトのランド・ノリスはリタイアに終わった。


■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=14位
 今日もフラストレーションのつのる一日だった。トロロッソ(ダニール・クビアト)を避けきれず、また自分にはコントロールできない要因でレースが台無しになったんだ。しかも、不運なことに、今回はチームの2台が同時に巻き込まれた。


 本当に残念だ。レースペースは良かったし、(タイヤの)デグラデーションもうまく管理できていたからね。ポイントを争える可能性は十分にあったと思う。予選の時よりも、レースの方がクルマの仕上がりが良かったのは間違いない。


 とにかく明るい面だけを考えて、辛抱強く行こうと思う。いずれ状況は好転するはずだ。クルマには満足しているし、チーム、エンジニア、メカニックにも何の不満もない。いつか必ず僕にも運が向き始めると信じている。


■ランド・ノリス 決勝=リタイア(18位完走扱い)
 スタートはうまく決まった。最初の蹴り出しが良くて、いくつか順位を上げていたが、ターン3でキミ(・ライコネン)とぶつかりそうになり、いったん引かなければならなかった。そして、ターン6でアウトサイドにいたところをヒットされ、クルマが宙に浮き上がった。僕は大きくポジションを下げ、クルマにもダメージを負ってピットインを強いられた。あれで僕のレースは、ほぼ台無しになったんだ。


 フロアにダメージがあったので、その後はペースが上がらなかった。でも、カルロス(・サインツJr)のペースは良かったようだ。トップ3チームを別とすれば、彼はその他全員のなかで一番速いくらいだった。つまり、クルマには相当なポテンシャルがあったということで、それだけにあの接触が残念だ。次に向けて気持ちを切り替えるよ。

2019年F1中国GP カルロス・サインツJr.、ランド・ノリス(マクラーレン)
2019年F1中国GP カルロス・サインツJr.、ランド・ノリス(マクラーレン)



(Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号