F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「中団チームのトップはレースによって変わる」ハースF1を有力視する声も、チーム代表は冷静。バーレーンで奮わなかった原因も判明

2019年4月12日

 ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2019年のF1の中団グループでは以前と比べて多くのドライバーが戦っており、特定のチームが“トップ3以外のトップ”として君臨しているわけではないと語っている。


 開幕戦オーストラリアGPでは、ケビン・マグヌッセン(ハース)が6位に入賞したことで、ハースは中団チームのトップの座を勝ち取った。ところが第2戦バーレーンGPでは、ランド・ノリス(マクラーレン)が同様に6位入賞を果たした。


 コンストラクターズランキングでは、ハースは中団グループ内で3位につけている。難攻不落のメルセデス、フェラーリ、レッドブルの次の順位につけているのは、アルファロメオ・レーシングなのだ。


 バーレーンGPでハースはパフォーマンスを発揮できなかったものの、一部のライバルチームは、フェラーリのパワーユニットを搭載したハースのVF-19が現在優位にあると考えている。しかしシュタイナーは、少なくとも今のところは、中団グループの序列を決めようとするいかなる試みも退けている。


「私は中団グループが2018年よりも接戦だとは思わない。より多くのドライバーが中団グループに加わっただけだ。いずれ全てのドライバーが中団グループで争うことになると思う」とシュタイナーは語った。


「今年中団グループの首位となるチームは、コースによって変わるだろう。私には、中団グループをリードしているのは1チームだけではないように見える」


「だが現在の我々の順位については、もちろんまったく満足できていない。もっとポイントを獲得すべきだった。競争は今も非常にタイトで、誰も脱落していない」


「中団グループは、非常に興味深い状況になり得ると思う。昨年よりもさらにいっそう面白いことになるだろう」


 バーレーンGPでの期待外れの週末を振り返ったシュタイナーは、予想外のペース不足はタイヤが原因であると考えており、レース後に行われたインシーズンテストでもそのことが明らかになったという。


「レース後にテストができたのは幸運だった。タイヤマネジメントがうまくいっていなかったようだ」


「原因を究明し、問題を繰り返さないことを願っている。それが目標だ」


「マシンのパフォーマンスが失われた。数周を走行した後、タイヤはすでに機能しなくなっていた。そしてレース中にペースを失ったのだ」


「他のチームは、タイヤマネジメントをうまくやっていたのだと思う。我々はただ適正なウインドウになかったのだ。こうしたことは起きるものだし、他のチームにも同様に起きる可能性がある」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報