F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、ほぼ満点で開幕2戦を終えるも「獲得ポイント数が全てではない」と慎重な姿勢で中国GPに望む

2019年4月10日

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウォルフは、開幕2戦を終えてチームはほぼ満点のポイント数を稼いでいるが、これがチームの相対的なパフォーマンスを反映しているわけではないと語った。


 開幕戦オーストラリアGPでは、バルテリ・ボッタスがチームメイトのルイス・ハミルトンを下して優勝を飾り、メルセデスはワン・ツーフィニッシュを達成した。続くバーレーンGPではフェラーリに遅れをとったものの、レース終盤にシャルル・ルクレールがトラブルに見舞われたこともあり、ハミルトンが今シーズン初優勝を挙げた。


「2019年シーズンの開幕2戦を終えて、我々が強力なポジションにいるように見えるかもしれない」とウォルフは中国GPに向けて話した。


「我々は87ポイントを獲得した。これは、最大で獲得できるポイント数にたった1ポイント足りないだけだ。だが、コンストラクターズランキングが全てを物語っているわけではない」


「フェラーリはストレートで我々よりも大幅に速いし、それが1周でコンマ数秒の差を生むことになった」


「それにもかかわらず、チームの堅実なパフォーマンスのコンビネーション、システムの信頼性、そしてドライバーらによる力強いドライビングのおかげで、我々はワン・ツーフィニッシュを達成できたのだ」


 フェラーリは、最大のライバルであるメルセデスに対して、優位な立場で今週末の中国GPを迎える。舞台となる上海インターナショナルサーキットは、理論上はフェラーリに有利なサーキットだ。


 しかしウォルフは、メルセデスはフェラーリに対しておそれることなく、断固たる態度で立ち向かうと主張した。


「我々が直面している困難は、我々を脅かすようなものではない。気持ちは高まっている」


「可能な限りベストなレースをするためにも、我々のパッケージから最大限のパフォーマンスを引き出してプッシュしていくつもりだ」


「プレッシャーを与え、チャンスを最大限に活かし、パッケージ全体を改善していくために懸命に仕事を続ける」


「ここまでエキサイティングなレースを目にしている。上海での次の戦いが楽しみだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報