F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム 第2戦バーレーンGP編:開幕2戦でノートラブルは復帰後初。確かな信頼性でPU開発にも弾み

2019年4月8日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブル、トロロッソの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レースごとに、週末のレッドブル、トロロッソのコース内外の活躍を批評します。2019年F1第2戦バーレーンGPを甘口の視点でジャッジ。

----------------------------

 開幕戦オーストラリアGPに続いての2戦連続の表彰台獲得はならなかったが、今年のバーレーンGPはホンダにとって、2015年に復帰して以降、初めて成し遂げたことが2つもあったレースとなった。

 ひとつは、開幕戦から2戦連続でホンダ製パワーユニット(PU/エンジン)を搭載するマシンがレースを完走した。ホンダが開幕2戦でノートラブルで走りきったのは、2015年にF1に復帰して以降、今回が初めてのことだった。

 2015年はジェンソン・バトンは完走したが、フェルナンド・アロンソの代役として出場したケビン・マグヌッセンはスタート前のレコノサンスラップでパワーユニットにトラブルが発生してDNS(スタート前、出走棄権)。

 2戦目のマレーシアGPは2台そろってリタイアした。2016年は開幕戦のオーストラリアGPではパワーユニットに問題は発生しなかったが、2戦目のバーレーンGPでバトンのエンジンに問題が発生してリタイアしていた。

 トラブルが頻発した2017年も、開幕2戦に限れば、じつはホンダPUにトラブルが発生したわけではないのだが、この年はマクラーレン側の車体トラブルも多く、開幕戦ではフロア破損。2戦目の中国GPではストフェル・バンドーンが燃圧低下、アロンソはドライブシャフト破損でリタイアした。

 マクラーレンからトロロッソにパートナーを変更した2018年は、2戦目のバーレーンGPでピエール・ガスリーが4位を獲得していたが、そのガスリーは開幕戦でMGU-Hのトラブルに見舞われてリタイアしていた。

 それが今年は2戦を終えて、ホンダPUはもちろん、レッドブルの車体にも、トロロッソの車体にも問題は発生することなく、4台がそろってチェッカーフラッグを受けた。これはホンダPUの信頼性が5年目に入って大きく向上している証左である。

 信頼性の向上は、さまざまなデータを収集でき、カナダGPでの投入が噂されているスペック2の開発にも大きな影響を与え、より開発がスピードアップするものと考えられる。





レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号