F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ティクトゥム「レッドブル・ホンダ初走行は大きな経験」。マシン開発へのメリットとなる重要なテストに

2019年4月4日

 F1バーレーンテスト2日目、レッドブルのジュニアドライバーであるダニエル・ティクトゥムが、RB15・ホンダのテストを行った。


 ティクトゥムにとってF1テストに参加するのはこの日が初めてだった。F1マシンについて学びながら、135周を走ったティクトゥムは、1分30秒856(C4タイヤ)の自己ベストタイムで9番手となった。


 19歳のティクトゥムは、2018年にはヨーロピアンF3選手権に参戦し、ランキング2位。2019年にはTEAM MUGENから全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦する。

2019年F1バーレーンテスト2日目 ダニエル・ティクトゥム(レッドブル・ホンダ)
2019年F1バーレーンテスト2日目 ダニエル・ティクトゥム(レッドブル・ホンダ)

「現行F1カーに初めて乗った今日、たくさんのことを学んだ。僕にとって大きな前進だ」とティクトゥムは語った。


「一番重要なのは、さまざまな手順を学んだことだ。使用するセッティングがたくさんあり、ステアリングホイールでやるべきことも多い。プッシュラップであってもそうなんだ。そこはジュニアフォーミュラとは違う。最初は覚えることが多かったけど、すぐに慣れることができた」


「ガレージに人が大勢いることも驚いた。それを見て、ドライバーは自分のためだけでなく、エンジニアやチーム全体のために結果を出すという大きな責任を担っているのだと痛感した」


「今日は役立つデータをたくさん集めることができた。それがテストで一番重要なことだ。ロングランを何回かできて、F1タイヤがどういうものなのかを理解する機会も得た。全体的に見て今日のテストはうまくいったと思う」

■「F1カーの走行経験は今後のシミュレーション作業に役立つ」とチームは期待

 レッドブルのシミュレーターエンジニアリング担当グループリーダーのサイモン・レニーは、今回のテストは、ティクトゥムが今後シミュレーターで作業する上で非常に役立つものと期待している。


「とてもスムーズな一日だった。初めてこのマシンに乗ったダンが135周を走ったというのはとても素晴らしいことだ。複雑な手順を含む空力テストを多数行い、すべてうまくこなしてくれた。RB15の感触をつかめるよう、セットアップ変更やロングランも経験してもらった」


「ダンは本当のRB15で走る前に、シミュレーターでいい仕事をしてきた。今日実際に走れたことは、彼にとっても我々にとってもプラスに働く。次にシミュレーターに乗る際に今日の経験がいい基準になるはずだ。実際のマシンがどういうものか、感触を知ることができた。それは今日得た最もポジティブな要素のひとつだった」



(autosport web)




レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 23:00〜24:30
8/8(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/9(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号