F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グロージャンの2018年の年俸は約7億円。ハースF1との契約には「ポイント数に応じたボーナスがある」と明かす

2019年3月28日

 フランスのスポーツ紙『L’Equipe』によると、ハースF1のロマン・グロージャンは、2018年に最も高額な報酬を得たフランス人アスリートのひとりだという。


 2018年のグロージャンの年俸は推定550万ユーロ(約6億8187万円)で、これはL’Equipeのランキングで41位に位置する額だ。このランキングにF1ドライバーの名前が掲載されたのは、実に2005年のオリビエ・パニス以来13年ぶりのこと。ただ、この13年間F1ドライバーの名前がなかったことには、パフォーマンスや経済的な理由があった。


「レースで勝ったり、表彰台に乗れるドライバーが必要だ」とグロージャンは語った。


「表彰台に関していえば、僕は2012年から2015年までの間に10回表彰台に乗ったし、表彰台に上がった最後のフランス人だ。最後に優勝したフランス人ドライバーは、1996年(のモナコGP)に勝ったオリビエ・パニスだけどね」


「複数のチームがF1から去ったことも報酬の低下に繋がった。自動車業界に影響を及ぼす経済状況はF1にも打撃を与えたし、この10年間は使えるお金が減ってきている」


 またグロージャンは、ハースとの契約には、チャンピオンシップで獲得したポイントに応じたボーナスの支払いが含まれていることを明かした。


「僕の契約には、基本的な報酬とボーナスが含まれている。この契約はうまく機能しているよ」


「ドライバーズランキングで獲得した全てのポイントが僕の収入になる。誰かの契約を参考にすれば、シーズン中は、パフォーマンスによるボーナスもあるかもしれない。だから僕の収入はほとんどチームからのものだ」


「それに2018年は、リシャール・ミル、ジャガー、Seier Capital、Excelljets、クリスチャン・ロスなどとの個人的なスポンサーシップ契約もあった。またADSSグループは僕の“弟子”でもあるルイス・デレトラズとも契約を結んでいる」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報