F1速報

  • 会員登録
  • ログイン



【レースの焦点】“共犯”の意志で結ばれていた3人の王者たち、アロンソがファンに向けた約束のメッセージ

2018年11月28日

 アプリコット色のマクラーレンをエスコートするように、シルバーのメルセデスと赤いフェラーリが並んでいく。それは誰かが用意したシナリオではなく、55周のレースを(2.5秒差で)戦い終えたばかりのドライバーが、自分たちの心の向くままに、フェルナンド・アロンソへの敬意を示した素敵なシーンだった。

 最終戦を勝利で飾ったルイス・ハミルトンは、大きなスタンドに抱かれたターン7のヘアピンでドーナツターンを開始。2位でゴールしたセバスチャン・ベッテルも、ハミルトンに倣うようにターン8でドーナツターンを始めた。11位でゴールしたフェルナンド・アロンソが控え目に手を振りながらふたりに追いつくと、メルセデスとフェラーリは本コースをマクラーレンに譲ったままランオフエリアを走り続け、セクター3で合流──。ホームストレートでは5度目のタイトルを獲得したハミルトン、2回のタイトルに輝くアロンソ、4度のタイトルを誇るベッテルの共演が繰り広げられた。

XPB Images

「まったく、予定されていたことではなかったよ。ルイスとセバスチャンがあちこちでドーナツターンをしていると思ったら……彼らはスタート/フィニッシュラインまで僕と一緒に走ろうとしてくれた──。すごく感動的なインラップだった。この週末、僕はF1界、チーム、ファンのみんなが示してくれた大きなリスペクトに心から感謝し、とても名誉なことだと感じていた」

「そして、僕らは3人で一緒にドーナツターンをした──。ふたりのチャンピオンには心からありがとうって言いたい。キャリアの大半を彼らと一緒に過ごせたことを、とても誇りに思う」

Sutton

 マシンを停めた3人を大きな歓声が迎え、アロンソとハミルトン、ベッテルとアロンソの間で力強いハグが交わされた。

 素晴らしいのは、3人がきっと、言葉では表現できない“共犯”の意志で結ばれていたこと。私たちはそこに“触れてはならない、彼らだけの世界”を感じ、幸せな疎外感のなかで“ワールドチャンピオン”への憧れを募らせる。

「またF1に来てくれるのかな?」というデイビッド・クルサードの質問に「元F1ドライバーとして解説するためでなければね!」と答えたのは、アロンソらしいスパイスの効いた言葉だった。





レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報