F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

元F1王者ロズベルグ、タイトルを逃したフェラーリを分析。「詰めが甘く、まとまりに欠ける」

2018年11月27日

 元F1ドライバーのニコ・ロズベルグは、今シーズンのフェラーリはチームのまとまりのなさに苦しめられたと考えているが、2019年にはセバスチャン・ベッテルとチームは立ち直るだろうと述べている。


 2018年シーズンのベッテルは、好調な時期にはルイス・ハミルトンと接戦を演じていた。しかしメルセデスが優位になっていく一方でフェラーリとベッテルは度々ミスを犯し、最終的に彼はタイトル獲得の希望を失うことになった。


 しかしながら、フェラーリがその強さを来シーズンまで維持し、ロズベルグが言うところの“詰めの甘さ”という弱点を克服するならば、チームはタイトルをマラネロに持ち帰ることができるだろうと、2016年のチャンピオンであるロズベルグは考えている。


「基本的には、フェラーリは2019年も継続していく必要があるだけだ」とロズベルグはBild am Sonntag紙に語った。


「彼らは素晴らしいマシンを作ることができていた。その点からも、僕は彼らがとても強力になって、冬季休暇から戻ってくると信じている」


 しかしフェラーリにとって非効率性と欠点を解決することは必須となる。


「フェラーリはあまりに多くの戦略ミスをした。それにチームのまとまりもなかった」とロズベルグは付け加え、フェラーリがベッテルの走行を支援するのにチームオーダーを出したがらなかったことに言及した。


「奇妙だった。なぜならチームオーダーという点では、フェラーリは他の先を行っていたから。でもドライバーとして、完全なサポートを得られていないと感じると、精神面や集中力で影響を受けてしまう」


「セバスチャンのケースも当然そうだが、もしチームと意見が合わなかったら、難しいことになる」


「また、セルジオ・マルキオンネがチームに深く関与していたことも忘れてはならない。ただし、メルセデスはニキ・ラウダの不在をなんとか埋め合わせたとも言わなければならない」


「それでもなお、2019年がセバスチャンの最後のチャンスになるとは思わない。また巡ってきたチャンスというだけだ」とロズベルグは語った。


「彼は厳しい1年を過ごして多くの批判にさらされたが、2015年の僕もまさに同じ状況にあった。ルイスは完璧にドライビングをこなし、僕はミスをした」


「重要なのは自信をもう一度高めることだ。セバスチャンにはそれができる。彼は今でもF1で最高のドライバーのひとりなのだから」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP