F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

シロトキン「良いペースだったが、VSCでリズムが狂ってしまった」:ウイリアムズF1メキシコGP日曜

2018年10月30日

 2018年F1メキシコGP決勝で、ウイリアムズのランス・ストロールは12位、セルゲイ・シロトキンは13位だった。


■ウイリアムズ・マルティーニ・レーシング
ランス・ストロール 決勝=12位


2018年F1第19戦メキシコGP ランス・ストロール(ウイリアムズ)

 今日の僕らはポイントを獲得できなくて、あまり良いレースではなかった。セルゲイ(・シロトキン)が1ストップ戦略だったことは知っているけど、ぼくらが1ストップだったらポイントが取れたかもしれない。


 けれども僕らは、最初のスティントではコースの違うところで戦っていた。最初のスティントを走ったウルトラソフトタイヤはすぐに駄目になって、2ストップ戦略にせざるを得なかったんだ。その後スーパーソフトタイヤでかなり長い距離を走ったけれど、ただタイヤマネジメントに徹しただけだった。


セルゲイ・シロトキン 決勝=13位
 今日はチームがとても良い仕事をしてくれた。スーパーソフトで58周を走った最後のスティントは、まったくすごいものだったよ。残り10周という時点でも、まだ他のマシンよりも良いタイヤ状態だったんだ。良いリズムに乗って、前のマシンよりもずいぶんと速いペースで走ることができた。


 でも、ケビン(・マグヌッセン)とサイドバイサイドになったのにバーチャルセーフティカー(VSC)が出て、それが僕のリズムを完全に狂わせた。それが結局タイヤを冷やすことになり、リセット状態になってしまったんだ。リスタートのときにはスーパーソフトの熱入れに苦労したし、作動領域内の温度まで戻すのに3周かかったよ。


 ケビンに果敢に仕掛けていって、4周で前のマシンを捉えなければならなかった。最後の数周では前のマシンを捉えることができたが、レースはそこで終わってしまった。僕らはスティントをマネジメントするという部分で本当に良い仕事をしたけれど、レース終盤にかけて、もっと積極的に反撃に出られなかったことを残念に思っている。全体的には複雑な気持ちだよ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(Translation:Akane Kofuji)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報