F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、“めったに起こらない不運な事故”に遭遇「リタイアは悲しいけど、残り2戦に向けて気持ちを切り替える」:F1メキシコGP日曜

2018年10月29日

 2018年F1メキシコGP決勝で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソはマシンの問題により3周でリタイアしなければならなくなった。


 スタート直後、アロンソの前を走るエステバン・オコンとカルロス・サインツJr.が接触、オコンのフロントウイングのパーツが飛び、それがアロンソ車のサイドポッドに引っ掛かった。


 その後、水圧の低下が見られたため、チームはアロンソにマシンをとめるよう指示した。


 チームは「リタイア原因は漏れによる水圧低下だ。それがデブリを踏んだことにより引き起こされた可能性があり、詳細をこれから調査する。いずれにしても、大きなデブリがマシンに刺さっていたため、レースを続行するのは難しかった」と説明している。


■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝リタイア
 マシンの不調は特に感じなかったけれど、オコンのマシンから飛んだデブリが僕のマシンに当たり、その場所がよくなかったようだ。百万にひとつの、めったに起きない出来事だ。


 レースで走りたかったから悲しい。それでも、数時間たてば、いい思い出しか残っていないと思う。メキシコの大勢のファンから応援してもらえて、とても感動的な時間を過ごしたからね。


 今日はついてなかった。でも自分のミスでこうなったわけじゃないから、そのうち忘れられる。自分がミスをした場合は、乗り越えるのに時間がかかるけどね。こういうアクシデントは時には起こるものだ。残り2戦には運に恵まれて、チェッカーフラッグを受けられるといいね。期待していよう。



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報