F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソF1、実戦投入を見送った新空力パッケージをメキシコでテスト。ハートレー車のみに搭載

2018年10月26日

 今週末のF1第19戦メキシコGPで、ホンダのパートナー、トロロッソは、アメリカGPで試した新しい空力パッケージを再度導入、ブレンドン・ハートレーのマシンでテストをする予定であることが分かった。


 トロロッソはアメリカGPに、新しいフロントウイングやフロアを含む空力アップグレードを導入し、プラクティスを利用してピエール・ガスリーのマシンでテストした。しかし金曜は一日ウエットコンディションとなり、十分な評価ができなかったため、チームは予選と決勝にはアップグレードを使用しないことを決めた。


 トロロッソはメキシコGPの週末にはこのパッケージをハートレー車で試す予定であることが明らかになった。


 メキシコGP木曜記者会見に出席したガスリーは、オースティンで予選前までに試した空力アップグレードをメキシコで使用する予定かと聞かれ、次のように答えた。


「オースティンでは天候に恵まれなかったために、新しいパッケージを本格的に試せたのはFP3になってからだった。つまり走行不足なので、このパッケージの活用の仕方を探り、ポテンシャルを最大限に引き出すには、もっと距離を走る必要があった。だから予選前に従来仕様に戻したんだ」


「今週末、また使う予定だよ。ひとつしかないから、今回はブレンドンがそのパッケージで走る。今週末は活用の仕方についてもっと学べればいいね」


 ハートレーによると、金曜に新パッケージを試してから、予選、決勝で引き続き搭載するかどうか判断することになるという。


「ピエールは(ドライコンディションの)FP3でそのエアロパッケージで走った時、マシンバランスに満足していなかった。それもあって、チームは元に戻すことを決めたんだ」とハートレーが語ったとPlanetF1が伝えた。


「ここでどういうパフォーマンスを見せるのか興味深い。しっかりパフォーマンスを引き出せるかどうか、確認するのが楽しみだよ」


「その後どうするかについてはまだプランが定まっていないと思う。明日(金曜)の状況を見て決めることになるだろう」


 アメリカで導入されたアップデートには、フロントウイングのエンドプレートの形状を見直し、サイドポッドそばのパネルを2枚から3枚に増やすなどの変更が含まれていた。


2018年F1第18戦アメリカGPに導入されたトロロッソSTR13の空力パッケージと前仕様との比較



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

6/21(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
6/22(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
6/23(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報