F1速報

  • 会員登録
  • ログイン



【レースの焦点】勝利を目指して果敢に戦い抜いたベッテルと見事な管理能力&強い精神力を示したリカルド

2018年10月31日

 レースを見終わった後、得も言われぬ心地よさに包まれたのは、メキシコの陽気なファンのおかげだろうか。

 自分たちのヒーロー、13番グリッドからスタートしたセルジオ・ペレスは着実にポジションを上げ、十分に7位を狙える活躍を見せていた。しかしレース中盤、ブレーキトラブルが彼を襲った。ペレスが姿を消すと、エルマノス・ロドリゲス・サーキットは意気消沈してしまった。

 それでも、レースを見放さないのがメキシコのファン。コース上で繰り広げられる接戦に元気を取り戻し、最後まで声援を送り続け、ゴールの後にはメキシコの勝者マックス・フェルスタッペン、2018年シーズンの勝者ルイス・ハミルトンに、惜しみない賞賛を送った。

 スタジアムセクションは、F1的には迫力に欠ける区間。それでも、F1愛に満ちた観客の存在が、ここを特別な場所にする。難しい解説など必要とせず、レースを肌で感じ取る術に長けた彼らの“祭典”に、誰もが加わりたいと思う。そんなファンに、十分に応えるレースだった。

■“ドライバーズ・オブ・ザ・デイ”に値する走りを見せた敗者たち──
 ドライバーズ・オブ・ザ・デイは、眠れない夜を超えて勝利を手にしたフェルスタッペン。

「ポールポジションの最年少記録なんて気にしていない。予選でフラストレーションを抱えたのは、ポールポジションを狙うための最適なパッケージを手にしていなかったからだ。FP2とまったく同じようにリヤがロックする問題が発生した──。すべてをベストにまとめることが必要な予選で、あまりに難しい状態だった」

「勝ちたい」気持ちのぶんだけ、悔しさが募ったと言う。このサーキットで勝つには、首位で発進することが大切だったから。レッドブルで勝つためには、チャンスの大きなこのサーキットを“逃す”わけにはいかなかったから。

 そんな気持ちのすべてを、スタートに込めた。結果は大成功──。元来、自分は“緊張”というものを経験したことがないのだとフェルスタッペンは言う。

「スタートの瞬間は、たしかに一番集中する。でも、それは緊張とは違う」

 クリーンな空気のなかで走る主導権を得て、2年連続のメキシコ制覇に向かって順調に周回を重ねた。彼が言うとおり、簡単な勝利など存在しない。それでも、ライバルと比べても最もスムースなレースを走って勝利を手に入れた。





レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報