F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

鈴鹿『FF1グランプリ』天王山、F1日本GPのスペシャルメニュー発表

2018年10月2日

 鈴鹿サーキットの場内で販売されているファストフードの頂点を決める戦い『FF1グランプリ』、その第7戦となる『2018 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 Honda日本グランプリレース鈴鹿30回記念大会』のメニューが発表されている。


 2016年から開催されているFF1グランプリは、鈴鹿サーキット内で各種フードを販売している店舗が参加。レースイベントごとに販売されるスペシャルメニューの売上数で順位を決定し、シーズン末にはシリーズチャンピオンが決められる“食のF1”とも呼べるイベントだ。


 各店舗は“チーム”としてグランプリにエントリーし、各レースイベントごとにスペシャルメニューを“ドライバー”として登録する。チームはイベントごとにスペシャルメニューを投じて“ドライバー交代”を行い、チームタイトル獲得を目指していく。


 また、スーパーGTやスーパー耐久などと同じく、このFF1グランプリもクラス分けがなされており、グランド裏主食メニューで争われる『GS1000』のほか、GPスクエア主食メニューが参加する『GP800』、GPスクエアサイドメニューで争う『GP600』の3クラスで争われる。

鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPのGS1000クラスメニュー
鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPのGS1000クラスメニュー


 第7ラウンドとなるのは10月4〜8日に開催される鈴鹿F1日本GP。世界を転戦するF1の日本ラウンドということもあり、最上位のGS1000クラスではランキング2位のSUZUKA STEAK BAR 5807が『特製松阪牛ステーキ重(マンゴープリン付き』を投入するなど各“チーム”ともスペシャルな“ドライバー”を投入してきている。

鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPのGP800、GP600クラスメニュー
鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GPのGP800、GP600クラスメニュー


 世界最速のバトルを応援するには充分な休息や水分補給といった体調管理、そしてエネルギー補給が必要不可欠。FF1グランプリを戦っている各店舗のメニューに舌鼓を打ちながら、コース上の戦いを楽しもう。



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報