F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビカ、2019年もリザーブを続ける気はないと示唆。F1以外でのフル参戦も検討中

2018年10月2日

 ロバート・クビカは2019年のウイリアムズF1でのレースシートを現在も狙ってはいるが、将来のドライバーラインアップについてのチームの決断を、来月以降まで待つことはないと主張している。


 ウイリアムズは来シーズンの可能性を根気強く見極めているところであり、2019年のシートには、メルセデスが支援するエステバン・オコンとジョージ・ラッセルを検討中だと報じられている。


 ウイリアムズではランス・ストロールが離脱してフォース・インディアへ移籍することになるが、チームメイトのセルゲイ・シロトキンとロシアのSMP銀行の彼に対する支援の状況は、いまだ不透明だ。


「来シーズンについては何の合意もない。まず、まだいまはシーズンの最中なのだ」とSMP代表のボリス・ローテンバーグは、先週末のソチでTassに語った。


 ウイリアムズで今シーズンに開発ドライバーとしての役割を与えられたクビカは、チームとの状況について何も考えを明らかにすることはなかったが、もう1年控えの役割を受け入れることはないだろうと語った。


「昨年のような状況は避けたい」とクビカは Eleven Sportsに語った。


「全員の期限と名誉が守られる必要がある。まだ決定はされていないが、間もなくだろう。12月まで待つことはない」


 クビカの野望は、たとえF1から離れることを意味するとしても、来シーズンにフルタイムのレースプログラムを確保することだ。


「F1での状況となると簡単ではないが、他のシリーズなどではチャンスがある。僕にとっては非常にはっきりしている」とクビカは語った。


「僕は待っているところだが、何も起きなければ、自分自身で判断を下すことになるだろう」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/9(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
10/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アイフェルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン230
2位バルテリ・ボッタス161
3位マックス・フェルスタッペン147
4位ダニエル・リカルド78
5位セルジオ・ペレス68
6位ランド・ノリス65
7位アレクサンダー・アルボン64
8位シャルル・ルクレール63
9位ランス・ストロール57
10位ピエール・ガスリー53

チームランキング

※アイフェルGP終了時点
1位メルセデス391
2位レッドブル・ホンダ211
3位レーシングポイント120
4位マクラーレン116
5位ルノー114
6位フェラーリ80
7位アルファタウリ・ホンダ67
8位アルファロメオ5
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第11戦アイフェルGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第10戦ロシアGP号