F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン、F1イギリスGPで接触があったライコネンの謝罪を受け入れる

2018年7月10日

 ルイス・ハミルトンは、イギリスGPの1周目に接触したキミ・ライコネンの失態については謝罪を受け入れ、期待はずれになったレースは過去のものにするという。


 両者はシルバーストンのターン3で接触し、ハミルトンは後退して最後尾から猛追していかなければならなくなった。彼は目覚ましい追い上げを見せ、最終的にチャンピオン争いのライバルであるセバスチャン・ベッテルに次ぐ2位でレースをフィニッシュした。


 レース後の興奮が冷めやらぬ中、ハミルトンはフェラーリが“興味深い戦術”を採ったと発言し、ライコネンの動きは意図的なものだったのではないかとほのめかした。


 メルセデスF1トップのトト・ウォルフは、チームのテクニカルディレクターを務めるジェームズ・アリソンが発言したとされる、フェラーリの妙な動きは”意図的もしくは無能なため”だとの発言を引き合いに出し、火に油を注いだ。


 しかしながらライコネンは直ちに自身のミスを認めており、ハミルトンはソーシャルメディアに投稿した一連のメッセージを通じて、ライコネンの謝罪を受け入れて前進すると明言。さらに、彼の言葉が意図した以上の意味をもって伝えられてしまったことを認めた。


「キミは謝罪し、僕はそれを受け入れた。僕たちは前へ進んでいく。あれはレーシングインシデントで、それ以上のものではない。ときにはばかなことを言うこともあるけれど、そこから学ぶものだ」とハミルトンはインスタグラムに投稿した。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報