F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:マクラーレンを辞職したブーリエが、ほんの少しだけ本音を告白

2018年7月8日

 イギリスGP直前に、マクラーレンのレーシングディレクター職を解任されたエリック・ブーリエ。マクラーレンのザク・ブラウンCEOはシルバーストンのパドックで、「前日にブーリエから辞職の申し出があり、承認した」と語っていたが、その言葉を信じる関係者は誰もいない。 


 2018年型マシンの戦闘力不足の責任を取って、テクニカル・ディレクターのティム・ゴスが解任された時点で、次はブーリエだと誰もが思っていたからだ。フランスGP前に勃発した『チョコバーゲート』事件でブーリエが矢面に立たされたことも、彼の地位の危うさを印象づけた。


 解任直後、ブーリエにごく近かったフランス人ジャーナリストが彼個人の携帯に連絡して、話を聞くことに成功した。それによれば「自分から辞任を申し出た」ことは、やはりまったく事実ではないと言明したとのことだ。


 その上でブーリエは、「解任を申し渡されたことに、正直驚いた」と言っていたという。そう認識していたことにはむしろこちらが驚くが、本人はまだ十分にチームを率いて行くつもりだったということだ。


「それ以上のことは、今は言えない」とブーリエは言って、電話を切った。チームとの契約がまだ残っているいわゆるガーデニング休暇状態で、チーム内の情報を漏らしてはいけないのだろう。


「しかしブーリエは、そんなに落ち込んでないはずだ」
 そう断言するのは、マクラーレンスタッフの内部告発を記事にして、『チョコバーゲート』を勃発させたイギリス人記者のジョナサン・マクボイだ。


「もうすでに他にチームにコンタクトを取り始めてるだろうし、彼を雇うところは必ず出てくる。そう遠からず、またF1に戻ってくるよ。それに彼はマクラーレンで、100万ポンド(約1億5千万円)の年俸をもらっていたという話だ。再就職を急ぐ必要も、元々ないということさ」



(Kunio Shibata)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報