F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

優勝者はF1 eスポーツチームのドライバーに。マクラーレンが世界最速ゲーマーを募る

2018年7月9日

 マクラーレンは3日、eスポーツを活用して若き才能を見つけるべく新たなeスポーツプログラム『マクラーレン・シャドウ・プロジェクト』をスタートさせた。


 昨年、マクラーレンは世界最速のゲーマーを発掘するイベントとして『ワールド・ファステスト・ゲーマー(WFG)』を開催。このイベントにはのべ3万人が参加し、優勝したオランダ人のルディ・ファン・ビューレンは、チームの公式F1シミュレータードライバーに採用されている。


 同イベントは2年目を迎える2018年からマクラーレン・シャドウ・プロジェクトに名前を変えて開催。優勝者はマクラーレンのF1 eスポーツプログラムの一員として採用され、2019年F1 eシリーズのチャンピオンを目指すことになるほか、現実のF1レースの現場を訪れる機会なども与えられる。


 このプロジェクトにはPC、Xbox One、iOS、Androidなどさまざまなデバイスから、18歳以上なら誰もが参加可能だ。志願者は8月から10月末にかけて、iRacingやrFactor2、Forza Motorsport、そしてReal Racing 3といったゲーム内で行われる予選を経て、11月の準決勝、2019年1月の決勝へ進む。


 準決勝と決勝はイギリスのマクラーレン・テクノロジー・センターで行われる予定。予選フォーマットや、予選で使用するマシン、サーキットなどの詳細は数週間以内に下記マクラーレンeスポーツのページで公開される。


 モータースポーツ界は近年、eスポーツとの関係を深めており、F1も公式にeスポーツチャンピオンシップをスタート。またABBフォーミュラE選手権は、現実世界でコースを走っているドライバーとスマートフォンやPC上でリアルタイムにレースができるアプリを開発中だ。


 また、世界中に多くのファンを抱えるグランツーリスモは2008年からニッサンとコラボレーションして、プロのレーシングドライバー育成を目的としたGTアカデミーを設立。スーパーGT500クラスにカルソニック・インパルGT-Rから参戦中のヤン・マーデンボローは、このGTアカデミー卒業生のひとりでもある。


 各選手権、各チームが取り組んでいるeスポーツ施策が機能すれば、今後もマーデンボローのようにゲーマーからプロドライバーへステップアップする新たな道筋ができることになりそうだ。


 マクラーレン・シャドウプロジェクトの詳細は公式サイトまで。



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報