F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

トロロッソ、ハートレーを「全力でサポート」も契約の決定権はなし。レッドブルは近々の解雇は否定

2018年6月13日

 スクーデリア・トロロッソのチームマネージャーであるグラハム・ワトソンは、チームは100パーセント、ブレンドン・ハートレーをサポートしているが、トロロッソには彼の去就についての決定権はなく、すべてはレッドブルが判断することになると語った。


 レッドブル首脳陣は、ピエール・ガスリーとの比較でハートレーのパフォーマンスに不満を持っているといわれ、シーズン途中での解雇もあり得るとうわさされている。F1カナダGPでは予選12位という好結果を出したハートレーだが、スタート直後にウイリアムズのランス・ストロールにヒットされてリタイア、ポイント獲得のチャンスを失った。


 トロロッソのチームマネージャーであるワトソンは、F1フル参戦1年目のハートレーがポテンシャルを発揮できるよう、全力で彼のサポートをしていると述べている。


「彼にはいい結果を出してほしいと思っている」とワトソンはNewshubに対して語った。
「トロロッソチームとしては100パーセント、ブレンドンをサポートしている」


 一方でワトソンはトロロッソのドライバーの去就を決めるのはレッドブルであり、自分たちには決定権はないと認めた。


「ドライバーの管理は主にレッドブルが行っている。我々チームの仕事は、ふたりのドライバーと共に働き、彼らが将来ワールドチャンピオンになれるだけの能力を持てるように導くことだ」


「我々にはトロロッソのドライバーたちの運命をコントロールすることはできないのだ」


 カナダGPでのアクシデントについては、レッドブルのモータースポーツコンサルタント、ヘルムート・マルコはハートレーに落ち度はないと認めている。


「あれはレーシングアクシデントだ。彼の将来には全く影響しない」とマルコが述べたとMotorsport-Total.comが伝えた。


 マルコは次戦フランスGPにもハートレーは出場すると示唆し、彼の後任候補としてさまざまなドライバーを挙げる報道を打ち消した。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

11/9(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ブラジルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン383
2位セバスチャン・ベッテル302
3位キミ・ライコネン251
4位バルテリ・ボッタス237
5位マックス・フェルスタッペン234
6位ダニエル・リカルド158
7位ニコ・ヒュルケンベルグ69
8位セルジオ・ペレス58
9位ケビン・マグヌッセン55
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※ブラジルGP終了時点
1位メルセデス620
2位フェラーリ553
3位レッドブル392
4位ルノー114
5位ハース90
6位マクラーレン62
7位フォース・インディア48
8位ザウバー42
9位トロロッソ33
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報