F1速報

  • 会員登録
  • ログイン



【レースの焦点】“速さ”が足りなかったフェラーリ、問われるタイヤ一社供給の責任/F1第5戦スペインGP

2018年5月16日

 ゴールの後、7位カルロス・サインツJr.と8位フェルナンド・アロンソが並走して健闘を讃え合う。ふたりの手には、スペイン国旗が美しい。レース中には何度か上空に暗雲が近づいたものの、最後は晴れ──。カタルーニャ・サーキットには、やっぱり青空が良く似合う。

 順位変動という意味で、波乱のアゼルバイジャンを“面白い”レースとするなら、スペインGPは平坦な内容だった。すべての要素が求められるコースではマシンの長所で弱点をカバーすることが不可能で、総合力の差が露わになってしまう──。

 ルイス・ハミルトンと同一周回でゴールできたのはトップ3チームの5人。6位ケビン・マグヌッセン〜8位アロンソは1周遅れ。9位セルジオ・ペレス以降は2周遅れ。レース後半のセーフティカー出動がないと、このコースではマシンの間隔が大きく開いてしまうのだ。

 中団チームを大きく引き離すトップチームでも、バトルは少ない。前のマシンに近づけない難題は空力性能の高いマシンほど大きく、間隔を取らざるを得ない。乱気流に敏感なメルセデスは、「4秒離れていても感じる」とハミルトンが言う。

 接戦に強いレッドブルさえ、ここではDRS圏内から攻めることが難しく、レース序盤はキミ・ライコネンを攻略できなかった。レッドブルが長い第1スティントを走ると、フレッシュなミディアムに履き替えたハミルトンもマックス・フェルスタッペンを攻撃することができず、レッドブルのピットインを待たなくてはならなかった。

XPB Images

 サーキットで見守るファンを沸かせたのは、タイヤ交換直後から至近距離でマーカス・エリクソンを攻め続けたサインツJr.。そのふたりに追いついて4台のバトルを形成したシャルル・ルクレールとアロンソ。





レース

10/20(土) フリー走行1回目 0:00〜1:30
フリー走行2回目 4:00〜5:30
10/21(日) フリー走行3回目 3:00〜4:00
予選 6:00〜
10/22(月) 決勝 3:10〜


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン331
2位セバスチャン・ベッテル264
3位バルテリ・ボッタス207
4位キミ・ライコネン196
5位マックス・フェルスタッペン173
6位ダニエル・リカルド146
7位セルジオ・ペレス53
8位ケビン・マグヌッセン53
9位ニコ・ヒュルケンベルグ53
10位フェルナンド・アロンソ50

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス538
2位フェラーリ460
3位レッドブル319
4位ルノー92
5位ハース84
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア43
8位トロロッソ30
9位ザウバー27
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報