F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1が技術部門強化のため組織変更。ニューウェイは残留も「テクニカルディレクター」が新設

2018年3月13日

 レッドブル・レーシングは、技術部門強化のため、新たにテクニカルディレクターのポジションを設けることを決めた。エイドリアン・ニューウェイは、引き続きチーフテクニカルオフィサーを務める。


 チームを2010年から2013年までダブルタイトル獲得に導いた天才F1デザイナーであるニューウェイは、今後もチーフテクニカルオフィサーとしてF1プロジェクトにおいて大きな役割を担うものの、アストンマーチンのロードカープロジェクトにも深く関わっていくという。


 しかしレッドブルは、テクニカルディレクターのポジションを新設、チーフエンジニア・オブ・パフォーマンスを務めてきたピエール・ワシェを昇格させ、その役割を託すことを決めた。ワシェはミシュランからザウバーを経て2013年にレッドブルに移籍した経歴を持つ。


 チーム代表クリスチャン・ホーナーは、今回の再編はニューウェイのF1での作業量を減らすためのものではないと示唆している。


「今の規則は彼の創造意欲を高めている。彼はこの規則を楽しみつつ、チームに大きな貢献をしている」とホーナーはSky Sportsに対して語った。


 その他には技術部門に大きな変更はなく、チーフエンジニアリングオフィサーのロブ・マーシャル、ヘッド・オブ・エアロダイナミクスのダン・ファローズ、カーエンジニアリング・チーフエンジニアのポール・モナハンは引き続きこれまでの役割を担う。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報