F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

サインツJr.、2019年F1は中団グループが大混戦になると予想。「どのチームがリードしてもおかしくない」

2018年12月28日

 マクラーレンF1チームに移籍したカルロス・サインツJr.は、2019年シーズンは、中団グループで戦うすべてのライバルチームを警戒すべきだと考えている。


 ルノーF1が2018年シーズンのコンストラクターズ選手権でメルセデス、フェラーリ、レッドブルという無敵の三強に次ぐ4位となり、栄えある“トップ3直下”の称号を獲得する一翼を担ったのがサインツJr.だった。


 ルノーにとっての2018年はハースF1チームと競り合う1年間だった。そのハースが中団グループのマクラーレンやフォース・インディア、さらに大幅な進歩を遂げてきたザウバーなどの各チームをかわして5位に入った一方で、下位のトロロッソとウイリアムズは、いずれも競う相手が近くにいない単独行のままシーズンを締めくくった。


 サインツJr.はザウバーについて、特にその進歩の大きさを称賛しており、2019年の展開を予測するうえでのケーススタディになるだろうと考えている。


「仮にザウバーが今すでに中団グループ最強のチームになっているのだと考えると、僕たち全員が彼らを警戒すべきだ。ただ、2019年は中団の全チームを警戒しておくべきだと思う」とサインツJr.。


「ザウバーもそうだけれど、他にもたとえばフォース・インディアは資金が増えた分、できることも増えているはずだし、ルノーについても2019年に何ができるのかを予測しておかなければならない」


「ハースがこれまでどおりフェラーリのパーツを多く使い続けるのだとしたら、そしてフェラーリが(エンジン開発領域で)優位に立ち続けるのだとしたら、やはりかなりの強敵と見るべきだろうね」


「新しいプロジェクトを立ち上げたマクラーレンは、厳しいシーズンを戦った後だけに、あらためて投資をし、チャンピオンシップでは4位の座を取り戻したがっている」


「こうして各チームのことを考えてみると、2019年にはどのチームが中団の戦いをリードしてもおかしくないと思う」


 2019年シーズンのF1では実際に中団グループの混戦が予想されるが、サインツJr.自身の望みは、中団全体が集団で先頭グループにじりじりと近付いていくことなのだという。


「僕が本当に望んでいるのは、中団とトップグループとの差がもう少し縮まることなんだ。そうすればレースがもっとわくわくするものになる」


「そしてその中で誰がトップに立てるのか、ということだね。誰が新しいレギュレーションをうまく活用できるか、ということが鍵になると思う」


 マクラーレンは将来に向けて改善されると信じる24歳のサインツJr.は、そのためにエンジンパートナーのルノーも、さらに開発作業を進めるべきだと主張する。


「ルノーはエンジンについての議論を積み重ねて、2019年に具体的な進展を見せる必要がある」


「そうでなければ、メルセデスやフェラーリ、ひいてはホンダも進化を続けている現状において、後から縮めることが困難なほど彼らに差をつけられてしまう」


「こういうことを言うのは難しいけれど、僕は状況が少しでも好転し始めて、コース上での差が縮まることを心から願っている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦TBC 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年シーズン展望号