F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ブラジルGPは「パフォーマンスを犠牲にしてでも信頼性を重視した」とレッドブル

2017年11月14日

 レッドブルF1代表のクリスチャン・ホーナーは、先日のブラジルGPではチームが信頼性に重きを置いたために、パフォーマンスが犠牲になったと述べている。


 過去数レースでルノー製エンジンの不調が相次いだため、レッドブルはメカニカルトラブルに見舞われることなく日曜の決勝レースをフィニッシュするために、慎重になっていた。


 ホーナーがレース後にSky Sportsに語ったところによると、レッドブルはマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドの両パワーユニットの信頼性改善のために、パフォーマンスを少し犠牲にしていたのだという。


「信頼性に明らかな懸念があり、エンジンをかなりいたわって走っていた」


「長い最終セクターのあるこのサーキットのレイアウトは、我々にとってメキシコよりも厳しいものだと思う。中間セクターでタイムを補う必要があったのは間違いないが、それができなかった」


 ホーナーはエンジンのせいでタイムがコンマ数秒遅れたとしており、これが先頭集団のライバルであるフェラーリやメルセデスとの差につながっていたと話す。


「マックスはキミ(・ライコネン)とバルテリ(・ボッタス)と張り合うためにより懸命にドライビングをしていた。あまり近づき過ぎると今度はタイヤが傷み始めてしまう」


「その時点で悪循環に陥っているわけだ。追いつくためにプッシュするが、スティントの終わりにはタイヤがだめになっている」


 ブラジルGPの週末にはトロロッソがパワーユニット供給元であるルノーに対する不満をあらわにし、ルノーとレッドブルにとっては緊迫したグランプリとなっていた。しかしながらホーナーは火に油を注ぐようなことはせず、2018年にルノー製PUの性能が改善するだろうという意見を保っている。


「ルノーは進歩していると聞いている」とホーナーは述べた。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

11/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ブラジルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン345
2位セバスチャン・ベッテル302
3位バルテリ・ボッタス280
4位ダニエル・リカルド200
5位キミ・ライコネン193
6位マックス・フェルスタッペン158
7位セルジオ・ペレス94
8位エステバン・オコン83
9位カルロス・サインツJr.54
10位フェリペ・マッサ42

チームランキング

※ブラジルGP終了時点
1位メルセデス625
2位フェラーリ495
3位レッドブル358
4位フォース・インディア177
5位ウイリアムズ82
6位トロロッソ53
7位ルノー49
8位ハース47
9位マクラーレン28
10位ザウバー5

レースカレンダー

2017年F1カレンダー
第15戦マレーシアGP 10/1
第16戦日本GP 10/8
第17戦アメリカGP 10/22
第18戦メキシコGP 10/29
第19戦ブラジルGP 11/12
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 2017シーズン展望号