F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

グロージャン「接触でタイヤがパンク。その上ペナルティは納得がいかない」/ハース ブラジルGP日曜

2017年11月14日

 2017年F1第19戦ブラジルGPで、ハースのロマン・グロージャンは15位、ケビン・マグヌッセンはリタイアだった。


■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=15位

 1周目について僕が言えるのは、ターン1で誰かに激しくヒットされたということだけだ。おそらく、その時に左リヤタイヤがパンクしていたのだと思う。そして、ターン6まで来たところで、クルマのコントロールを失った。


 僕としては、単純にパンクによって起きたことだと思うけど、その不運に加えてペナルティまで科されるのは、どうにも納得がいかない。とりあえず、あの場面のビデオを見たいね。


 このレースのポジティブな面は、スーパーソフトを履いた最後のスティントで、クルマのフィーリングがすごく良かったことだ。フロアに大きなダメージがありながら、ものすごくいい感じだった。アブダビへ向かう前に、どうしてあんなに良かったのかを分析する必要がある。


ケビン・マグヌッセン 決勝=リタイア
 ビデオをよく見る必要がありそうだ。僕の視点から言うと、あの時は3台が並んでコーナーに入っていた。そして、僕と(ストフェル・)バンドーンとの接触があり、さらに彼が(ダニエル・)リカルドをヒットした。僕のクルマはフロントサスペンションが壊れて、結果としては最悪の形になった。


 バンドーンの外側にリカルドがいることにもっと早く気づいていたら、おそらくもう少しスペースを空けたと思う。だけど、僕がリカルドを見た時にはもう遅すぎた。すでに目一杯の速度でコーナーに入っていたからだ。こういうことになるのは気分的にも最悪だし、本当に残念だけど、これもまたレースだ。



(AUTOSPORTweb)




レース

9/14(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/15 (土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9 /16(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン281
2位セバスチャン・ベッテル241
3位キミ・ライコネン174
4位バルテリ・ボッタス171
5位マックス・フェルスタッペン148
6位ダニエル・リカルド126
7位ニコ・ヒュルケンベルグ53
8位フェルナンド・アロンソ50
9位ケビン・マグヌッセン49
10位セルジオ・ペレス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位メルセデス452
2位フェラーリ415
3位レッドブル274
4位ルノー91
5位ハース76
6位マクラーレン58
7位フォース・インディア32
8位トロロッソ30
9位ザウバー21
10位ウイリアムズ7

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/16
第16戦ロシアGP 9/30
第17戦日本GP 10/7
第18戦アメリカGP 10/21
第19戦メキシコGP 10/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報