F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ロズベルグ「アロンソは不運なんかじゃない。F1キャリア低迷は自分の責任」

2017年10月12日

 フェルナンド・アロンソが長きにわたって成功から遠ざかっているのはアロンソ自身の責任だと、2016年のF1世界チャンピオンであるニコ・ロズベルグは考えている。


 アロンソは5年間のフェラーリ在籍中に自身3度目の世界タイトル獲得の夢をかなえることができず、その後より大きなチャンスを得られることを期待してマクラーレン・ホンダに移籍した。


 しかしアロンソを待っていたのは苦難の日々であり、3年目の今年になっても一度も表彰台に上れず、2017年は第16戦を終えた時点で10ポイントしか獲得していない。


 ロズベルグはSky F1の解説者として日本GPが開催される鈴鹿を訪れた。その際、彼はスペインのASのインタビューにおいて、アロンソはルイス・ハミルトンやセバスチャン・ベッテルに並ぶベストドライバーであると認める一方で、他のふたりほどキャリアで成功を収めることができずにいるのはアロンソ自身の責任であるとの考えを示した。


「アロンソは非常に不運だ」というインタビュアーの発言に対してロズベルグは「何が不運なんだ? 不運なんかじゃない」と返した。


「間違った選択をし、間違ったチームを選ぶのは不運ではない。自分の決断だ。勝てるクルマをうまく手に入れることも、トップドライバーになるための仕事のうちだ」


「世界最高のドライバーにはなれても、出来の悪いマシンでは勝てない」とロズベルグは付け加えた。


 ロズベルグは、アロンソにとって2018年に向けた唯一の現実的な選択肢は、マクラーレンに残留することだと語った。
 マクラーレン・ルノーは来年表彰台争いに絡めると予想しているロズベルグに対し、「そうであればアロンソにとってマクラーレン残留はいい選択肢ということになるか」とインタビュアーが聞いた。それに対してロズベルグは「彼にとっては唯一の選択肢だろう」と答えた。


 インディカーやル・マンへの転向という説がこれまで何度かささやかれてきたが、それはF1に比べれば大きな挑戦にはならないとロズベルグは考えている。
「それはF1ではないし、F1こそが最高峰だ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

6/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/24(日) 決勝 23:10〜


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位セバスチャン・ベッテル121
2位ルイス・ハミルトン120
3位バルテリ・ボッタス86
4位ダニエル・リカルド84
5位キミ・ライコネン68
6位マックス・フェルスタッペン50
7位フェルナンド・アロンソ32
8位ニコ・ヒュルケンベルグ32
9位カルロス・サインツJr.24
10位ケビン・マグヌッセン19

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位メルセデス206
2位フェラーリ189
3位レッドブル134
4位ルノー56
5位マクラーレン40
6位フォース・インディア28
7位トロロッソ19
8位ハース19
9位ザウバー12
10位ウイリアムズ4

レースカレンダー

2018年F1カレンダー
第8戦フランスGP 6/24
第9戦オーストリアGP 7/1
第10戦イギリスGP 7/8
第11戦ドイツGP 7/22
第12戦ハンガリーGP 7/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報