F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

マクラーレンF1、2018年の目標は「ランキング3位と5年ぶりの優勝」

2017年9月27日

 マクラーレンF1のレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、来シーズンはルノーと提携して同社のパワーユニットを積むことによって少なくとも1回は優勝を飾れると期待している。


 2015年からホンダのパワーユニットを搭載して戦ってきたマクラーレンだが、成績は一向に上向かず、ついに2017年末で契約を解消することを決定、来年からルノーとともに新たな一歩を踏み出すことになった。


 ブーリエは、ファンをはじめとするさまざまな人々に過剰な期待を与えるような発言は控えたいと考えてはいるものの、ルノーとの提携が最初のシーズンから成功をもたらすものと確信している。


「2018年の我々の目標は、コンストラクターズ選手権3位を目指して戦うことだ」とブーリエはスペインのスポーツ日刊紙Marcaに語った。


「しかしそれ以上のことができることを期待しているし、久々となる優勝も1度は飾りたい」


「私は誤った期待を生み出すつもりはないし、自分たちが達成できそうもないことをファンに期待させるつもりもない。だが、(来年は)少なくとも1度は優勝を飾れると信じている」


 ブーリエは、マクラーレンが優れたF1マシンを作ることに熟達しているという自信があるために将来を楽観的に見ているが、それでも実際どうなるかは2018年の開幕戦を迎えてみるまでは分からないと認めた。


「まだ少し早い。来年に向けてハロの導入などいくつかレギュレーションの変更があるし、まだ9月だ」


「来年のマシン開発を早めに始めていたとしても、もう少し待つ必要がある。テストや(開幕戦の)オーストラリアを迎えるまでは、他のチームのパフォーマンスがどの程度かは分からない」


「我々はかつては常にトップスリーのなかにいたものだが、過去3年間はそれにはるかに及ばない位置に沈んでいた」


「より良いエンジンを手に入れ、上位のポジショに戻るため、ルノーと協力し合って進んでいく」


 マクラーレンは2012年の最終戦ブラジルGP以来、優勝から遠ざかっている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報