F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1のフェルスタッペン、ルノーPU改善の見通しに懸念「ほとんどアップデートされない」

2017年6月15日

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ルノーがパワーユニットの改善を進めないかぎり、チームが2018年にF1で成功を収めることは困難だという認識を示した。


 レッドブルは今シーズン、タイトルを争うフェラーリとメルセデスにリードされる形で幕を開けた。当初マシンはそれほどの速さを見せなかったが、今では大きく改善が進んでいるとチームは考えている。


 そのため、チームはルノーのパワーユニットへの注目を強めている。これが成績向上を妨げ続ける要因だと考えているのだ。


 ルノーは2017年中に大きなアップグレードはしないが、その代わりとしてコンスタントに改良を続けることで、シーズン全体を通して大きな変化につなげると約束した。だがフェルスタッペンはそれでは不十分だと考えている。


 カナダGPが終わった翌日、オランダのテレビ番組“Peptalk”に出演したフェルスタッペンは「絶対にチームは勝つことができる」と語り、さらに以下のように続けた。


「マシンがすごく改善されたことは分かると思う。だけど、パワーユニットも同じように良くならないといけないんだ」


「もうみんな何かで読んだだろうけど、今年は何も変わっていない。僕はそのことを懸念している」


「ルノーは改善を約束したのに、今年はほとんどアップデートされていないんだ。すごく残念だし、来年についても心配になるよ」


「今年、僕たちはチームとしてタイトルを狙いたかったけど、そこからは遠のいている」


 フェルスタッペンはカナダGPの決勝でリタイアした後、オランダのメディアに対して「今シーズン、これまでのところは全部最低だ」と話した。決勝では2番手を走行し、トップのルイス・ハミルトンには離されたものの、その後自分のリズムに乗りかけていた矢先にリタイヤを喫したのだ。

PUトラブルによりカナダGP決勝でリタイヤしたフェルスタッペン
PUトラブルによりカナダGP決勝でリタイヤしたフェルスタッペン

「5、6周走ってルイスの方が速いことははっきりわかった」とフェルスタッペン。


「僕も後続のマシンを引き離していたので、自分のレースに集中したかったんだ」


「10周走った後、自分はある種の“ロボット・モード”に入った。ひたすら自分のやるべきことをやるようになるんだ。だけど、それから2周走った後、すべてが作動しなくなってしまった」


「こうしたことは起きるものだ。だけど、もうこれ以上は起きてほしくない。だからルノーは改善に取り組むべきだ」


「すべてがちゃんと機能しなければダメだ。フィニッシュまでいけるように作業する必要がある」



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号