F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、F1カナダGPでの命令無視を否定「チームに逆らったりなんか絶対しない」

2017年6月15日

 フォース・インディアのセルジオ・ペレスは、F1カナダGP決勝における自らの行動をめぐって論争が起きてはいるものの、自分がチームオーダーに逆らうはずがないと主張している。


 カナダGP決勝でダニエル・リカルドに対する表彰台争いを有利にするために、同僚のエステバン・オコンを先に行かせるようチームが提案したものの、ペレスは順位を譲らずに前を走るリカルドへのアプローチを止めなかった。


 オコンはチームメイトの振る舞いに対して失望したにも関わらず、ペレス本人は、チームからポジションを譲れという指示は受けていないため、一体これが何についての騒ぎなのか理解できないと語った。


「問題はマスコミがこの話をでっちあげたってことなんだ。なぜって、僕が命令に従わなかったことなんて一度もないんだから」


「僕たちはオコンを先に行かせるかどうかについて話し合っただけさ」


「でも僕は速度をあげてリカルドにアプローチをかけた。それだけのことだ。決して自分のチームを無視したりしなかった」


「僕はフォース・インディアに最高の結果をもたらすためにここにいるんだ。もし命令を受けたらそれに従うさ。でもここで命令はなかった」


 オコンはリカルドをとらえて3位になるチャンスがあったと感じているが、2人は日曜の夜に和解してもう何の問題もないとペレスは言った。

オコンに先行を許さず批判を浴びたペレス
オコンに先行を許さず批判を浴びたペレス

「ああ、オコンと僕の関係はすべて順調だよ。特に素晴らしいリザルトを取った後だし、今まで通り競争力が高い週末はいい雰囲気だとチーム全員が感じている」


「今日、チームはコンストラクターズ選手権でフェラーリと同じ18ポイントを獲得したんだから喜ばなきゃいけない」


「僕たちのライバルはそんなにうまく行かなかったんだから喜ぶべきだ。僕がチームオーダーを尊重しなかったなんていう話に注目すべきじゃない。なにもなかったんだから」
  
「エステバンがあのペースでいるのはいいことだよ。チームにとってエステバンが良い仕事をし続けることは重要だ。僕は自分の仕事をやり続けるさ」  



(AUTOSPORTweb)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号