F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説第5戦編:ヘルメットが動くことを防ぎ、ドライバーを守る『ジグザグ型シールド』

2020年8月14日

 シルバーストンでの2連戦ということもあり、先週末のF1第5戦70周年記念GPではほとんどのチームでマシンアップデートは確認できなかった。そこでこの機会を利用して、メルセデスが採用しているユニークな形状のシールドを紹介しよう。


 メルセデスはすでに数シーズン前から、このジグザグ型シールドを採用している。その理由は、何なのか。まずシールドそのものの本来の役割について、メルセデスのテクニカルディレクター、ジェームズ・アリソンに説明してもらった。


「もしコクピット前方にこの小さなシールドがなかったら、走行中のドライバーは猛烈な気流でヘルメットが上方に引き上げられてしまう。運転どころではなくなって、非常に危険だ」


「そこでシールドを設置するわけだが、その一番の目的は前方からの気流をふたつに分離させることだ。ひとつは上方への高速気流。これでエアインテークへの空気の流入を助けるとともに、ドライバーのヘルメットがヘッドレストにしっかり密着する役割を果たす」


「そしてもうひとつが、コクピット左右に流れる相対的にゆっくりとした気流だ。そのおかげでドライバーは、上体を前傾させることができるんだ」


 ではジグザグシールドには、どんな付加価値があるのだろう。


「ジグザグの形状を加えた狙いは、高速と低速のふたつの気流の境界をぼやかせ、曖昧な領域を増やすことだ。高速気流は走行コンディションの変化によって、とんでもない流れ方をすることがある。万一それが起きると、ドライビングに支障を来すことさえある。それを防ぐために、この措置を取っているということだ」

F1技術解説第5戦編
メルセデスが採用しているジグザグ型のシールド



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



()




レース

11/13(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/14(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/15(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号