F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

FIA、不正疑惑騒動収束のためフェラーリF1の燃料システムを調査へ。3台のパーツを押収との報道

2019年11月21日

 FIAがF1第20戦ブラジルGPで、フェラーリSF90を含む3台の燃料システムのパーツを差し押さえたとドイツのAuto Motor und Sport誌が伝えた。同誌は、合法かどうかライバルたちから疑問を持たれてきたフェラーリのシステムを詳細に調べることが目的であると考えている。


 サマーブレイク後に圧倒的速さを示すようになったフェラーリに対し、ライバルたちは疑いの目を向けてきた。レッドブルは燃料流量についての規則の解釈についてFIAに問い合わせを行い、それを受けてアメリカGP予選前に、FIAは技術指令書を通して、指摘されたシナリオは規則違反であると明言した。


 FIAはブラジルGP前に再度技術指令書を発行、エンジン冷却システムの可燃性液体を燃焼に用いることは許されないと強調した。


 フェラーリは、最初の技術指令書が発行された後、ポールポジションも優勝も獲得しておらず、圧倒的速さが鳴りを潜めている。技術指令書を受けて変更を行ったためであるという見方も一部でなされているが、フェラーリ陣営はこれを否定し、不正を行ったという事実はないと強く主張している。

2019年F1第20戦ブラジルGP予選日 シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1第20戦ブラジルGP予選日 シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 レッドブルもメルセデスもこの件について行動を起こす予定は現時点ではないと述べており、FIAに対して新たな問い合わせも抗議もなされていない。しかしFIAは状況を明確にし、事態の収束を図るため、ブラジルGP後、フェラーリSF90、フェラーリのパワーユニット(PU/エンジン)搭載車、フェラーリ以外のパワーユニット搭載車の3台の燃料システムを押収したと、Auto Motor und Sportは報じている。FIAは自身の研究室でこれらのパーツを比較し調査を行い、何か問題があった場合には最終戦アブダビまでに発表するのではないかと考えられている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号