F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第20戦ブラジルGPのドライバー・オブ・ザ・デー&最速ピットストップ賞が発表

2019年11月18日

 F1第20戦ブラジルGP決勝レースを観戦したファンの投票による『ドライバー・オブ・ザ・デー』と、最速ラップを叩き出したドライバーに贈られる『DHLファステストラップ・アワード』、最速のピットストップ作業を行ったチームに与えられる『DHLファステスト・ピットストップ・アワード』の受賞者が決定した。


 今回ドライバー・オブ・ザ・デーに選ばれたのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。自身2度目のポールポジションからレースをスタートしたフェルスタッペンはスタートでトップをキープし順調にレースを進めていく。しかし1回目のピットイン時にルイス・ハミルトン(メルセデス)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)に先行されてしまった。


 フェルスタッペンはすぐさまルクレールとハミルトンをオーバーテイクし、ポジションを取り戻す。バルテリ・ボッタス(メルセデス)のトラブルによりセーフティカーが導入されると、レッドブルはフェルスタッペンをピットインさせソフトタイヤに交換した。2番手となったフェルスタッペンはリスタート後の1コーナーでハミルトンをアウトからオーバーテイク。そのままポジションを守りきり、今季3勝目を手に入れた。


 『DHLファステストラップ・アワード』を受賞したのは、メルセデスのバルテリ・ボッタス。レース中盤の43周目に1分10秒698というファステストラップを記録した。予選4番手からスタートしたボッタスはフェラーリのルクレールと激しくバトルを繰り広げるが、53周目にリヤから白煙が上がりレースを終えてしまった。


『DHLファステスト・ピットストップ・アワード』は、優勝を果たしたフェルスタッペンのレッドブル・ホンダが獲得。唯一の2秒切りとなる1.82秒でフェルスタッペンをコースに送り出した。2位にはウイリアムズが入り、ロバート・クビサのピット作業を2.10秒で終えている。またこの2台はレース22周目のピットインの際に交錯しかけており、クビサにはその後タイム加算ペナルティが出された。



(autosport web)




レース

8/14(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
8/15(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
8/16(日) 決勝 22:10〜


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号