F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1カナダGPは「酷い結果」とウォルフ。過密スケジュール中も作業を進め、フランスGPでの挽回を狙う

2018年6月12日

 メルセデスF1チームのトップであるトト・ウォルフは、カナダGP決勝の結果を受けて、フェラーリとセバスチャン・ベッテルに完敗を喫したことを「酷い結果だ」と言い表した。


 ジル・ビルヌーブ・サーキットでのルイス・ハミルトンは、これまで大抵の場合ライバルに勝利しており、この11年間で6度の勝利を手にしてきた。


 しかし現世界王者のハミルトンは、日曜には50パーセントという優勝確率に遠く及ばす、5位というかけ離れた順位でレースを終えた。彼はレース中はエンジントラブルに遭遇し、チェッカーフラッグを受けることができただけでも満足だったという。


 チームメイトのバルテリ・ボッタスはベッテルに対して接戦を演じ、前半では彼に肉薄していたものの、レースが展開するにつれ後退。ボッタスの2位フィニッシュも、ウォルフにとって慰めにはならなかった。


「まったく慰めにはならない」とウォルフは語った。


「我々にとって酷い結果だ。そう捉えなければならない。我々はこのコースでは強いはずだが、週末のスタートからずっと些細なミスを犯していた」


「我々は目を覚まさなければならない。それだけだ」


「すべての面で遅れを取っている。ここは多くのポイントを取れてしかるべきで、ダメージを最小限にするためのコースではなかった」


 各チームはこれから6週間で5レースという過密スケジュールを前にしているが、ウォルフはブラックリーのファクトリーにスタッフを呼び集め、相対的なパフォーマンスの低下について徹底的な分析を行なう予定だ。


「そうすることが必要だ。チーム内で検討する」と彼は語った。


「どの部分でさらにパフォーマンスを向上させられるのかを理解するために、正しいやり方で内省する必要がある。そして2週間後のポール・リカールで挽回しなければならない」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

3/13(金) フリー走行1回目 10:00〜11:30
フリー走行2回目 14:00〜15:30
3/14(土) フリー走行3回目 12:00〜13:00
予選 15:00〜
3/15(日) 決勝 14:10〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP(中止) 3/15
第2戦バーレーンGP(延期) 3/22
第3戦ベトナムGP(延期) 4/5
第4戦中国GP(延期) 4/19
第5戦オランダGP(延期) 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報