F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1、ルノーが課すパワーユニット決定期限を拒否。「夏までホンダの進歩を見守る」

2018年3月13日

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年のパワーユニットに関する決断を、ルノーが課した期限である5月までに行うつもりはなく、夏の終わりまで検討したいと語った。


 レッドブルとルノーの現在の契約は2018年末で終了するため、レッドブルは2019年に向けて契約を延長するのか、パートナーシップを終えるのか、判断を下す必要がある。レッドブルは数年にわたってルノーのパワーユニットに不満を持っており、今年から姉妹チームのトロロッソのパートナーになったホンダにスイッチする可能性もあるとみられる。プレシーズンテストでホンダは高い信頼性を示し、トロロッソ首脳陣やドライバーたちから称賛された。


 ホーナーもルノー・スポール・レーシングのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールも、契約延長の可能性はあると発言している。しかしアビテブールは、5月末までにはレッドブルの決断を知りたいとも述べている。F1スポーティングレギュレーションでは、エンジンマニュファクチャラーは次のシーズンにどのチームと提携するかを、FIAに対し5月15日までに通知しなければならないと定められている。状況によってはこの期限を過ぎることも認められるが、アビテブールはこの規定をひとつの目安にしている。


 しかしホーナーは、5月は規則で厳格に定められた期限ではなく、レッドブルとしてはシーズン前半を終えた後に結論を出す予定であると明かした。


「我々の理解では、5月にFIAに対して指標を示さなければならないだけで、最終的な結論である必要はない」とホーナーはEl Confidencialに対して語った。


「夏の終わりに決断を下す予定だ。決定するタイミングとしてそれが現実的だ」


 ホーナーはプレシーズンテストでホンダが発揮した高い信頼性を高く評価、レッドブルのパワーユニットパートナーを決めるにあたり、ホンダの実戦でのパフォーマンスに注目していくと語った。


「ホンダはトロロッソとともに素晴らしいスタートを切った」とホーナー。


「シーズン前半、目を離さずに彼らの進歩に注目していく。我々はそれができる立場にある。大きな関心を持って、状況を見守っていくつもりだ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報