F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトンの決勝出場については日曜午前中に決定

2007年7月22日

 マクラーレン・メルセデスは、ルイス・ハミルトンがヨーロッパGP決勝に出場できるかどうかは当日日曜午前中に明らかになると発表した。ハミルトンは大クラッシュを喫したものの、全くケガはしていないという。

 ハミルトンは、最終予選でタイヤ交換をした際、ホイールガンにトラブルがあったために右フロントタイヤがきちんと取り付けられず、それが原因で高速S字でバリアにクラッシュした。彼はコブレンツ・バンデスベール病院に運ばれ、CTスキャンを受けた結果、全くケガはなく、退院を認められた。チームは、ハミルトンは十分に決勝に出場可能な状態だと考えているものの、FIA医師団代表のゲイリー・ハートスタインの決定を待つとコメントしている。

 マクラーレンは以下のような声明を出した。
「ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスは、ルイス・ハミルトンがニュルブルクリンクでの今日の予選でアクシデントに見舞われたにもかかわらず、全く無傷であることを発表することができ、喜ばしく思う」
「コースのメディカルセンターで検査を受けた後、彼はコブレンツ・バンデスベール病院に運ばれ、大事をとってCTスキャンを受けた。その結果、完璧に正常な健康状態であることが分かった」
「ルイスは無傷で、明日のレースに向けての士気も高い」
「通常どおり、明日午前中にFIA医師団代表のゲイリー・ハートスタイン氏が最終許可を下す。チームは、よい結果が出ると信じている」
「レース出場が許可された場合、彼は10番グリッドから、予選スタート時に積んでいた燃料搭載量でレースに出走する」




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報