F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:モナコの低速コーナーに課題を抱えるメルセデスの苦悩

2018年5月26日

 モナコGPのフリー走行3回目が終了した。マックス・フェルスタッペンが終盤のアタックでクラッシュするというアクシデントがあったものの、レッドブルが依然として1-2体制を築き、好調さをアピールしていた。 


 レッドブルに続いたのがフェラーリで、木曜日にはルイス・ハミルトンとコンマ1秒差しかなかったアドバンテージをコンマ2秒に広げて予選に臨む。


 一方、メルセデスは木曜日にフェラーリ勢2台の間に割って入ったハミルトンが、この日はフェラーリ勢2台の後塵を拝した。


 フォース・インディアのテクニカルディレクターを務めるアンディ・グリーンは次のように分析する。
「メルセデスのマシンは、伝統的に低速コーナーの進入でフロントが入っていかないアンダーステア症状が出る」


 メルセデスのマシンが低速コーナーで曲がりづらいという症状を抱えていたことは、木曜日のフリー走行2回目の走りからもうかがえる。このセッションをモナコで最も低速のコーナーであるヘアピンで見ていた。印象的だったのは、コーナーの進入でフェラーリがアウト側にタイヤ2本分のスペースを残して(写真1)、直線的にターンインしていくのに対して、メルセデスはアウト側の溝ギリギリまでマシンを振って、ターンインしている(写真2)。



フェラーリ:アウト側にタイヤ2本分のスペースを残している(写真1)


メルセデス:アウト側の溝ギリギリに(写真2)


 メルセデスが低速コーナーで曲がりづらいのは、ミッドコーナーの走行ラインを見てもわかる。ヘアピンでクリップの縁石につけないのである(写真3)。しっかりとクリップについているセバスチャン・ベッテルと見比べるとその違いが鮮明だ(写真4)。



メルセデス:ミッドコーナーの走行ライン(写真3)


フェラーリ:ミッドコーナーの走行ライン(写真4)


 今年、フェラーリはホイールベースを120mm以上も長くし、メルセデスに近づいた。それにも関わらず、この2台のマシンはキャラクターが大きく異なる。それはホイールベース以外にもマシンのキャラクタへを決める要素が多くあるからだとグリーンは言う。


「じつはわれわれもメルセデスと似た特性がある。その理由は教えられないが、低速コーナーの入口でフロントが入っていかないんだ」


 フォース・インディアのモナコGPフリー走行3回目の順位は12番手と13番手。ハース、トロロッソ、ウイリアムズ、マクラーレンの後塵を拝した。


 低速コーナーの入口に課題を抱えるメルセデスとフォース・インディア。果たして、予選でどんな走りを見せるのか?



(Masahiro Owari)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報