F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ、肺と肋骨に負傷。中国GP欠場の可能性を認める

2016年3月31日

 バーレーンGP欠場が決まったフェルナンド・アロンソは、木曜日のFIA公式会見に出席して怪我の状況を明らかにした。


 アロンソはF1開幕戦の事故により肋骨を骨折、気胸と肺損傷の危険性を抱えていると語った。事故直後は大きな問題なしと判断されたが、翌日から胸の痛みがひどくなり、CTスキャンによって、肺のダメージと数カ所の肋骨骨折が発見された。


「問題は、現在の痛みではなく、さらなる危険性にある」と、アロンソは説明した。


「F1のドライビングポジションとGフォースにより、骨折が原因で肺を痛める可能性がある。もし腕や脚の骨折なら、痛みを抑えて出場することもできただろう。胸には、いくつかの重要な器官がある。ダメージを負った肋骨は、まだ十分に改善していない。レースに出場するリスクは少ないかもしれないが、危険性をゼロにしたい」


 アロンソは「8日後から10日後」の間に再びチェックを受け、中国GPに参戦できるかどうかが決まるという。


「がっかりしたよ。とにかくレースしたかった。バーレーンまで来たが、それは叶わなかった。とても悲しいことだ。しかし、決定は尊重する」


「なんとかレースに出ることができないか、最後まで頑張った。開幕戦のあと、自宅で痛みとともに過ごしていた。しかし、痛みをコントロールして、レースすることはできると思い、戦う準備はできていた。結局ドクターはリスクがあることを認め、私も決定を受け入れるしかなかった」

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています



(AUTOSPORTweb)




レース

7/31(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号