F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第11戦ドイツGP FP2:速さを見せたフェラーリ勢が1-2。復調のガスリーはまさかのクラッシュ

2019年7月26日

 2019年F1第11戦ドイツGP金曜フリー走行2回目は、フェラーリのシャルル・ルクレールがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5番手、15番手のピエール・ガスリーはクラッシュを喫している。


 午後になると暑さはさらに厳しくなり、FP2の始まる午後3時の時点で気温36℃、路面温度50℃。日なたを歩くのは、かなり辛いレベルだ。ちなみに中東バーレーンでさえ、今年の日中の最高気温は28℃でしかなかった。


 FP1でケビン・マグヌッセンにトラブルが出たハースが、序盤から積極的に周回を重ねる。ロマン・グロージャンは開幕戦オーストラリアGP仕様に戻し、マグヌッセンの最新仕様との比較テストを行っている。


 開始後13分、ルクレールがハードタイヤでトップタイム。約0.2秒差で、ミディアムタイヤを履いたセバスチャン・ベッテルが続いた。しかし遅れてコースインしたルイス・ハミルトン(メルセデス)が、ミディアムで0.1秒しのぐタイムを出す。


 フェルスタッペンが出て行ったのは、開始後20分を過ぎてからだった。1周目の計測ラップで、いきなりハミルトン、ルクレールに次ぐ3番手タイムをマーク。ハミルトンからは約0.3秒落ちで、クルマの感触は悪くなさそうだ。


 開始後38分にはベッテルが、ハミルトンのタイムを0.5秒以上しのいでトップを奪う。ルクレールはさらにチームメイトより約0.1秒速い、1分13秒449の最速タイムを叩き出した。開始後1時間の時点で、ルクレール、ベッテルが1−2を形成し、ハミルトン、ボッタスが3、4番手。5番手フェルスタッペンは、首位ルクレールから0.684秒の差を付けられた。

2019年F1第11戦ドイツGP FP2でピエール・ガスリーがクラッシュしマシンが大破
2019年F1第11戦ドイツGP FP2でピエール・ガスリーがクラッシュしマシンが大破


 一方のガスリーはソフトタイヤでのマシン挙動に手こずり、トップから1.6秒落ちの15番手に沈んでいる。変わりにグロージャンが、フェルスタッペンからわずか0.064秒差の7番手と健闘している。


 終了17分前、ガスリーが最終コーナー立ち上がりでアウト側にはらみ、バリアに激突。マシン左側を大破させ、セッションは赤旗中断。メディカルカーが出動し、自力でコクピットから降りたガスリーはメディカルセンターに搬送された。


 8分後に、セッション再開。ガスリーの事故の直前にピットレーン出口で止まってしまったヒュルケンベルグは、再開後すぐにピットに戻り、早々に周回を切り上げた。ランス・ストロール7番手、セルジオ・ペレス10番手と、車体アップデートを投入したレーシングポイントが、2台揃ってトップ10入りした。

2019年F1第11戦ドイツGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)
2019年F1第11戦ドイツGP セルジオ・ペレス(レーシングポイント)



(Kunio Shibata)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP