F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1第10戦イギリスGP FP2:勢いを取り戻したメルセデスが初日トップに。フェルスタッペンはタイヤに苦戦

2019年7月12日

 2019年F1第10戦イギリスGPフリー走行2回目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは5番手、マックス・フェルスタッペンが7番手タイムをマークしている。


 FP2の始まる午後2時には晴れ間が広がり、気温21℃、路面温度37℃と、さらに暖かくなった。ただし風がかなり強く、名物のマゴッツ・ベケッツ・チャペルの高速コーナーではちょうど追い風に。ダウンフォースが抜けて挙動を乱すクルマが続出し、ランド・ノリス(マクラーレン)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)らがコースから飛び出して行った。


 序盤30分を終えて、トップはボッタス。フェルスタッペン、ガスリーが2、3番手に付け、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ハミルトン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続いた。その後ハミルトンが、チームメイトから0.069秒遅れの2番手に浮上。ルクレール、ベッテルも、レッドブル2台をしのぐタイムを出す。開始後1時間を過ぎる頃には、風向きは完全に真逆に。高速シケインでは、向かい風となった。

2019年F1第10戦イギリスGP FP2は6番手、ランド・ノリス(マクラーレン)
2019年F1第10戦イギリスGP FP2は6番手、ランド・ノリス(マクラーレン)


 この時点でメルセデス、フェラーリのトップ4は変わらず、4番手ベッテルの0.051秒差にガスリーが付けている。フェルスタッペンはチームメイトのコンマ3秒落ち。ふたりの間に、ノリスが割って入っている。フェルスタッペンは、「ソフトタイヤが全然持たない」と不平を漏らしている。


 レースに向けてのロングランに入った後半、終了16分前にダニエル・リカルド(ルノー)がチャペルで止まってしまう。リヤから薄い白煙が上がっており、パワーユニット絡みのトラブルのようだ。


 トップ3チームのミディアムタイヤ装着ドライバーは、1分31秒台でコンスタントに周回を重ねる。しかしソフトでは、左フロントタイヤのグレーニングがひどい。


 ボッタスは「特に不具合ではないが、念のために」点火プラグを交換し、しばらくガレージに留まった。それでも首位を譲らず、初日を終えた。マクラーレンはノリス6番手、カルロス・サインツJr.8番手と、ここでも好調。オーストリアで低迷したトロロッソ・ホンダは、アレクサンダー・アルボン9番手、ダニール・クビアト11番手と、まずまずの位置に付けた。

2019年F1第10戦イギリスGP FP2で11番手となったダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第10戦イギリスGP FP2で11番手となったダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)



(Kunio Shibata)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP