F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

シルバーストンとの新5年契約を結んだ現在もロンドンGPの実現に向けた交渉を継続中、とF1のCEOが言明

2019年7月12日

 F1のCEOであるチェイス・キャリーは、シルバーストンとの間に新たな5年契約が結ばれた現在も、ロンドンGP開催に向けた話し合いは続いていると語った。


 2年以上前にF1のトップに就任して以降、キャリーはリバティ・メディアの願いは世界各地の観光都市にF1を展開することにあると述べてきた。


 フォーミュラワン・グループは、アメリカでふたつ目のレース開催地を確保するためにマイアミ市に話を持ちかけたものの、今のところ失敗に終わっている。だが、そうした試み自体は続いているようだ。


 F1はロンドンにも主催都市としての可能性があると考え、昨年から市当局との交渉を始めている。キャリーは、水曜日に行なわれたシルバーストンとの新契約発表の席上で、イギリスの首都におけるレース開催も大いにあり得る話だと語った。


「我々は多くの都市からF1開催に関心があるという声を聞いている。ロンドンとの話し合いは進行中だ。この交渉が今後も続くことを期待している」


「ロンドンは、今までとは異なる体験になるだろう。今後彼らの案を見ていく。だが当然、短期的にはここシルバーストンに注力し、新契約に基づいて作業を続ける」


 シルバーストン・サーキットのオーナーであるBRDC(ブリティッシュ・レーシング・ドライバーズ・クラブ)は、ジョン・グラント会長の声明を通じて、今後ふたつのレースが共存することは可能だとの認識を示した。


「我々は、F1が観光都市でのレース開催を望んでいることを認識している。率直に言って、それがF1に新たな観客を呼び込めるものであるならば、一般論としては良いことだと思う」とグラントは語った。


「反対はしない。その決意を支持する。もちろん我々としては、わずか85マイル(約137キロ)程度しか離れていない、いわば自分たちの玄関先で我々と競合するイベントが開催されることによる、商業的な脅威は懸念している」


「我々は、F1の友人たちとの間で率直な話し合いを続けてきた。彼らは我々の懸念を理解している」とグラントは付け加えた。


「そして今後ふたつのイベントが現実になるときに備えて、我々が満足できるレベルで利益を守るための、業務の進め方に関する一連の合意に至ったと言って差し支えないだろう」


「商業的合意事項の内容には触れないが、我々としてはふたつのレースの開催日が互いに十分に離れており、また自分たちの商業的利益が適度に弾力的な方法で評価されるかぎりにおいて、共存の余地はあると考えている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/6(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/7(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/8(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン284
2位バルテリ・ボッタス221
3位マックス・フェルスタッペン185
4位シャルル・ルクレール182
5位セバスチャン・ベッテル169
6位ピエール・ガスリー65
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニエル・リカルド34
9位アレクサンダー・アルボン34
10位ダニール・クビアト33

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位メルセデス505
2位フェラーリ351
3位レッドブル・ホンダ266
4位マクラーレン83
5位ルノー65
6位トロロッソ・ホンダ51
7位レーシングポイント46
8位アルファロメオ34
9位ハース26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報