F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1アメリカGP、雨のFP1でメルセデスがワンツー、トロロッソ・ホンダのガスリーは13番手

2018年10月20日

 F1第18戦アメリカGPフリー走行1回目はメルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。


 連日雨模様の予報が出ている、2018年のアメリカGP。初日は朝から大雨に見舞われ、その後いったんは止んだものの、午前10時からのFP1は完全ウエット路面で始まった。降水確率は80%で、セッション中の再度の降雨が十分に予想される。


 そのためフォース・インディアはサードドライバーのニコラス・ラティフィの出走を取り止め、レースドライバーふたりが走ることに。一方マクラーレンはストフェル・バンドーンに代わってランド・ノリス、トロロッソ・ホンダもブレンドン・ハートレーに代えてショーン・ゲラエルがステアリングを握った。


 またホンダはここで、スペック3に小変更を加えたものを投入。おそらくICE(エンジン本体)の改良と思われる。初日はピエール・ガスリーのみ、二日目からはハートリー車にも搭載され、ともにグリッド降格ペナルティを受ける予定だ。


 大部分のマシンがチェック走行で1周だけ走ってピットインする中、レッドブルの2台だけは周回を重ねる。路面コンディションは徐々に改善していき、2台はすぐにインターメディエイトタイヤに履き替え、周回ごとに最速タイムを更新して行った。開始後30分には、ダニエル・リカルドが1分49秒386をマーク。それでも昨年ドライ路面でのFP1トップタイムより、まだ15秒近く遅い。


 開始後39分、セッションは赤旗中断となった。シャルル・ルクレール(ザウバー)がターン9で飛び出し、コース復帰の際に大量の石をまき散らしたためで、再開は11分後だった。


 すぐにバルテリ・ボッタスがトップタイム、さらにルイス・ハミルトンがそれをしのいで、メルセデスが1−2体制を構築する。3、4番手にマックス・フェルスタッペン、リカルドのレッドブル勢。5番手にキミ・ライコネン、6番手のセバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢が続く。ベッテルは、ハミルトンから2秒2落ちだ。


 その後は小雨が降ったり止んだりの天気が続き、路面コンディションはほとんど改善されず。ハミルトンは6周走っただけで、さっさとホスピタリティに引き上げた。


 その間にベッテルは5番手に順位を上げたものの、首位ハミルトンとの差は2秒のまま。7番手カルロス・サインツJr.(ルノー)、8番手ロマン・グロージャン(ハース)、9、10番手をザウバーのルクレール、マーカス・エリクソンが占めた。


 トロロッソ・ホンダはガスリーが13番手、ゲラエルは最多の21周を走ったが最下位だった。



(Kunio Shibata)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報