F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

会見ピックアップ:「強者の論理」を展開するレッドブル代表に、集中砲火

2016年6月11日

 カナダGPのFIA金曜チーム代表者による会見では、あらためて「レッドブル包囲網」が白日の下に晒されることとなりました。


 前列中央に座ったレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表には、まず司会者からモナコGP後の「リカルド騒動」について質問が。木曜会見と同様この話題でもちきりになるのか……と思われたのですが、記者たちからの質問は予想外の方向へ。やはり政治担当ディーター・レンケン記者が、いの一番に2020年以降の分配金をめぐる話し合いについての質問を飛ばし、各チームの代表者に意見を聞くと「決めるのは商業権保持者(FOM)であって(分配金を多く受け取っている)チームを批判すべきではない」とホーナーが述べたのに対し、他チームの代表者からは反対意見が続出。


 フォース・インディアのロバート・ファーンリーが「私はクリスチャンとは考え方が少し違う。(サッカーの)プレミアリーグのように結果に応じて公平に分配されるべきで、有力チームが特別な待遇を受けるのは受け容れがたい。分配に透明性を求める」と、もっともな持論を展開。


 新規参入したハースのギュンター・シュタイナーも「私もクリスチャンには同意できない。現行規定は我々が関わる前のものだから何も言えないが、これから話し合う次の規定は、もっと公平であってほしいし、そこには我々も積極的に関わっていく」と明言。


 兄弟チームであるはずのトロロッソのフランツ・トストにまで「プライベートチームが、もっと分配金を受け取れるようにすべきだ。どうせトップチームは資金が潤沢なんだから」と言われてしまう始末。マノーのデイブ・ライアンも当然「もう少し違う方法で分配されるべきだろう」と多数派と同じ意見。ホーナーは完全に孤立してしまい、前列中央で居心地の悪そうな顔をしていたのでした。


 レンケン記者は「我々ジャーナリストだって能力に応じて公平に対価をもらっていますよ」と応戦し、「一部のジャーナリストは……」と言い返そうとしたホーナーに「それは、おたくのチームに関係している人では?」とピシャリ。


 さらに「F1を統括する組織は、どのようにあるべきか」という質問に対して、「プロモーターがF1を支えているのだから、彼らが望むF1のありかたというものに従うべきだろう。彼らがコンセプトを決め、監視役であるFIAが取り締まるべきだ」と語るホーナーに対して、反対意見が噴出。


「各チームの意見は既得権益を守ろうとバラバラなのだから、チームへの意見伺いをしすぎることなくFIAがレギュレーションを決めるべき」(トスト)とか、「(F1の方向性を検討する)ストラテジーグループに全チームの代表者が参加できるようにすべき」(ファーンリー)と「一部の人間が決めたルールに従わなければならないのは不思議だ」(ライアン)と、現在のF1のありかたを決めているトップチームによるF1委員会やストラテジーグループに対する批判的な声が。


 それぞれに利益が相反し、全員が満足することなどありえないと言われるF1界ではありますが、少なくともカナダGPの金曜会見では、ただひとりトップチームを代表するかたちとなったホーナーが孤立無援の存在となってしまったのでした。



(Text:Mineoki Yoneya)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP