F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

今宮純の金曜インプレッション:カナダ勝率5割、ハミルトンとミハエルの共通点

2016年6月11日

 リバーサイド・コース、いまやカナダGPはクラシックなサーキットだ。1978年から数えて37回目、部分的に7度改修されてきたが狭くて壁が近いシケイン、高い縁石、U字ヘアピン、1km超ストレートのレイアウト。ファンならコーナーを暗記できているだろう。


 いちばんの特徴はコース真正面にスタンドがあることだ。ドライバーたちは観客めがけて突っ込んでいく。最初の1〜2コーナー、奥の10コーナー・ヘアピンではF1と“対峙”する目線で見ることができる。金曜からスタンドがにぎわうジル・ビルヌーブ・サーキット。理由は、そこにあると思う。逆に言えば、コース上の彼らは満員のスタンドを意識し、思い切りブレーキングでいいところを見せようと突っ込む。僕らはブレーキロックするかしないかを見極める。巧いものには声援を、ミスったものには歓声を、いつもコースサイドがざわついているのがカナダだ。


 勝率とポールポジション獲得率は50%(!)。ルイス・ハミルトンこそ絶対本命にふさわしい。8戦で4回獲っている(ちなみにミハエル・シューマッハー7勝がレコードで、フランスGP最多8勝に次ぐ自己ベスト2位)。ハミルトンは2007年に、ここで初ポール・トゥ・ウインを決めてから9年間(2009年は開催なし)にポールポジション4回、4勝を挙げている。


 カナダGPと言えばセーフティカー出動や天候変化、事故クラッシュ、失格騒動など「サスペンス劇場」のようなレースが多い。ここで初めて勝てた者が直近8年に3人もいる。2014年に初勝利を挙げたのがダニエル・リカルドだ。そんな荒れるゲームでこそ強かったシューマッハー、いま強いのはハミルトン。ふたりには共通するところがある。


 そう感じた金曜、開幕戦以来ハミルトンがトップタイムを出し切った。何度もコースを外れ、減速態勢を乱し、エスケープゾーンに逃げ込む。シューマッハーも、そうだった。“自分リミット”を検知するセンサーを磨き、通過できないと判断したらサッとあきらめる。フリー走行なのだから、それでいい。タイヤにフラットスポットを作ろうが返却するモノだから、惜しげなく試せばいいのだ。そうやって1年ぶりに再会するコースを愛でるように攻め、ポイントを抑えるハミルトンの行為が、はっきり見てとれた。


 FP1でセクター1&3ベストタイム、FP2では1&2、あちこちで自分リミットを探った結果はオールトップ。昨年と同じようにドライビング・リズムを完調レベルに整えたハミルトン。しかし2日目からは、ソフト側のタイヤ3種類に合わせた走りをそろえ、万が一ウェットになったときも想定して、どこかにマージンをとっておく必要はあるだろう。


 プライベートライフが何かと騒がれるハミルトンだが、北米カナダもアメリカも大好きなようで、ヨーロッパよりリラックスしているように感じる。カナダ4勝男はオースティンのアメリカGPでも4戦3勝の75%勝率、この大陸では滅法強い。


 シューマッハが2002、03、04年に3連勝してから、誰も連覇できないカナダGP。ハミルトンは容赦なく襲うハプニングやサプライズやトラブルを、はねのけるか。24点差から挽回への階段を踏み上がる重要レース。ここが終わると全21戦シーズンの、ちょうど三分の一が終了する。ハミルトンにとって「オープン・エンド」な中盤戦に期待しよう。



(Text : Jun Imamiya)




レース

10/23(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/24(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/25(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ポルトガルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン256
2位バルテリ・ボッタス179
3位マックス・フェルスタッペン162
4位ダニエル・リカルド80
5位シャルル・ルクレール75
6位セルジオ・ペレス74
7位ランド・ノリス65
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ピエール・ガスリー63
10位カルロス・サインツJr.59

チームランキング

※ポルトガルGP終了時点
1位メルセデス435
2位レッドブル・ホンダ226
3位レーシングポイント126
4位マクラーレン124
5位ルノー120
6位フェラーリ93
7位アルファタウリ・ホンダ77
8位アルファロメオ5
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第10戦ロシアGP号