F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

GP topic:ホンダは2トークンでターボを改良、新燃料で1%のパワーアップか

2016年6月10日

 ホンダが今シーズン初めてトークンを使用した、アップデート版のパワーユニットをカナダGPに投入することが明らかになった。関係者によれば、トークンが使用されたのはターボチャージャーで、その数は2トークンだという。


 昨年ホンダは熱回生に悩まされた。ターボによる回生はブレーキによる回生と違い、走行中でもデプロイすることが可能なので、予選よりもレースで有効である。ホンダは、この部分が不十分だったためレース中にデプロイが切れ、パワー不足が生じてライバルたちにオーバーテイクを許していたのである。


 そこで、今シーズンのパワーユニットを設計するにあたり、ホンダはターボを大幅に見直し、MGU-Hを機能させてきた。だが、限られた時間で製作しなければならなかったため、ウインターテストには開発途上のターボを投入するしかなかった。


 ウインターテストに新しいパワーユニットを投入した直後から、ホンダはターボの改良に取り組み始めた。アロンソによれば、それは「純粋な馬力向上というよりもパワーユニットの回生能力を向上させたもの」。つまり、予選での一発の効果よりも「レース中のバッテリーの管理に役立つので、これまでよりもストレートで長めにデプロイできるようになる」という。


 本来はスペインGPで投入する予定だったが、信頼面での確認に予想以上に時間を要したため、カナダGPでの投入となった。さらに今回、ホンダと開発に取り組んでいるエクソン・モービルも新しい燃料を投入してきた。エクソン・モービル側の発表によれば、新しい燃料によって約1%パワーアップされるという。エクソン・モービルは昨年も2度、燃料をアップデート。今シーズンは、これが初の改良版投入となる。


 今回ホンダは2トークンを使用したので、今年これまで使用したトークンの合計は20となり、残りは12トークンとなる。今後ホンダはトークンを、どこで、どれくらい使用するのだろうか。7月にはシルバーストンでのイギリスGPが控えており、9月にはモンツァでのイタリアGPもある。しかしトークンを使用した改良版が投入されるのは、もう少しあとになる見込みだ。


 ただし、それは来年のパワーユニット開発にシフトするため、今年の開発をあきらめたということではない。ホンダは今シーズン中に残る12トークンをすべて使用するつもりでいる。それが、いつになるのか現時点ではわからない。だが、残りのトークンを使用して開発される場所が、どうやら燃焼室であることは間違いなさそうだ。



(Text : Masahiro Owari)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP