F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

scope:「公平なペナルティ」に近づくために

2016年5月10日

 コース上で繰り広げられる“スポーツ”としてのF1を、ちょっと違う視点から取り上げて論じる今宮雅子氏の連載コラム。何度も言われていることだが、レース中に下されるペナルティの判断には疑問を感じることも多い。あらためて、一貫した裁定を実現するための方法を考えてみる。

・・・・・・・・

2台以上の事故は「レース後に審議」が原則

 F1という競技の特性上、スチュワード(競技会審査委員会)の意志によってドライバーにペナルティが科せられるのは仕方のないことだと思う。ミスをおかす可能性は誰にだってあるし、それによって他のドライバーが被害を受けたなら、そもそもの原因をつくったドライバーにも何らかのハンデが科せられて然るべきだ。

 ただし、ペナルティを受けたドライバーにも見ているファンにもフラストレーションを与えるのは、スチュワードの判断に一貫性が足りない点だ。本質的には、2台以上が絡むレース中の出来事に関して、第三者が責任の所在を断言するのは難しい。多くの場合、即断は不可能なはず。

 だから、競技規則の38条第1項には「ひとりのドライバーが上記(接触を引き起こした、他のドライバーをコース外に押し出した……など)の違反を犯したと完全に明確である場合を除いて、2台以上が関わるインシデントについては、通常レース後に審議を行う」という一文が、ちゃんと入っている。問題は、この条文が守られていないことだ。

 ロシアGPを例に挙げると、カルロス・サインツJr.はジョリオン・パーマーをコース外に押し出したとして、レース中に「10秒加算」のペナルティを科せられた。サインツにしてみれば納得できないのは当然──アウト側の半車身後ろにパーマーのルノーがいても見えない。わざわざ相手が“死角”に入ってきたことが理解できない。しかし、スチュワードはサインツの意見を聞くことなく、10秒加算というペナルティを下した。





レース

8/2(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/3(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/4(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン250
2位バルテリ・ボッタス188
3位マックス・フェルスタッペン181
4位セバスチャン・ベッテル156
5位シャルル・ルクレール132
6位ピエール・ガスリー63
7位カルロス・サインツJr.58
8位ダニール・クビアト31
9位キミ・ライコネン27
10位ランド・ノリス24

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位メルセデス438
2位フェラーリ288
3位レッドブル・ホンダ244
4位マクラーレン82
5位トロロッソ・ホンダ43
6位ルノー39
7位レーシングポイント32
8位ハース31
9位アルファロメオ26
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報