F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メカUPDATE:レッドブル、2種類のリヤウイング

2015年9月28日

 中高速コーナーとストレートがバランスよく組み合わされた鈴鹿サーキットでは、コーナリングスピードだけでなくストレートスピードも要求される。エアロダイナミクスとしては、ダウンフォースはつけたいが、空気抵抗も少なくしたい。

 日本GP初日のフリー走行で、レッドブルは2種類のリヤウイングを試していた。ダニエル・リカルドは空気抵抗が少ないミディアム・レスダウンフォース仕様(写真1枚目)を装着。ダニール・クビアトは、ややメインフラップが肉厚なミディアム・ダウンフォース仕様(写真2枚目)だ。

 そのためウエットコンディションとなった1回目のフリー走行では、ダウンフォースをつけた仕様のクビアトは、路面状況がウエットからインターミディエイトに変わったあともタイヤを交換して走行。一方で、ダウンフォース少なめの空力パッケージとなっていたリカルドは、ウエットタイヤを装着してインスタレーションラップを1周走っただけにとどまった。

 初日は午後も雨が降り続き、やはりウエットとなったフリー走行2回目は、リカルドもクビアトと同様のミディアム・ダウンフォース仕様のリヤウイングに交換。トップタイムのクビアトからコンマ8秒遅れの4位で初日を終えた。

 シンガポールGP同様、ダウンフォースが必要なコンディションで高いパフォーマンスを発揮したレッドブルのミディアム・ダウンフォース仕様。ドライコンディションとなった土日は、クビアトが予選で大クラッシュを喫し、決勝では闘志を見せたものの、完調とは言い難いマシンで13位。リカルドは決勝スタート直後の接触で大きく順位を落として15位と、レッドブルは無得点で鈴鹿を去ることになった。それでもリカルドのレースペースはコンスタントに良く、エアロダイナミクスに優れた“レッドブルらしさ”の片鱗は見せた。

(尾張正博)




レース

7/3(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/4(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/5(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※オーストリアGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス25
2位シャルル・ルクレール18
3位ランド・ノリス16
4位ルイス・ハミルトン12
5位カルロス・サインツJr.10
6位セルジオ・ペレス8
7位ピエール・ガスリー6
8位エステバン・オコン4
9位アントニオ・ジョビナッツィ2
10位セバスチャン・ベッテル1

チームランキング

※オーストリアGP終了時点
1位メルセデス37
2位マクラーレン26
3位フェラーリ19
4位レーシングポイント8
5位アルファタウリ・ホンダ6
6位ルノー4
7位アルファロメオ2
8位ウイリアムズ0
9位レッドブル・ホンダ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストリアGP 7/5
第2戦オーストリアGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP