F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタス、タイヤ交換ミスで新品を履けず「古いタイヤで苦しみ順位を落としていった」メルセデス【F1第16戦決勝】

2020年12月7日

 2020年F1サクヒールGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは8位だった。


 ポールポジションからミディアムタイヤでスタートしたボッタスは、チームメイトのジョージ・ラッセルに抜かれ、2番手を走行。49周目にハードタイヤに交換した後、62周目、セーフティカー出動時にチームがダブルストップを行った。その際にチームに混乱が生じ、ラッセル車にボッタスのフロントタイヤが装着されたため、ボッタスは長い時間待った末に、それまで使用していたハードタイヤを再び装着されて送り出された。古いタイヤでコースに復帰したボッタスは、ポジションを落とし続け、8位でフィニッシュした。

2020年F1第16戦サクヒールGP バルテリ・ボッタスのメルセデスF1 W11
2020年F1第16戦サクヒールGP バルテリ・ボッタスのメルセデスF1 W11

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=8位
 最悪の一日だった。スタートはうまくいかず、ホイールスピンをして、スムーズな発進ができなかった。ジョージはいいスタートを決めて、レースをコントロールしていた。僕の方は、セカンドスティントの序盤は好調で、いいペースで走ることができ、ジョージとのギャップを縮め始めていた。セーフティカーが出動しなければ、僕らはレース終盤にいいバトルをしていただろう。


 セーフティカー出動時にピットインした際、タイヤに混乱が生じ、ああいうことが起きた。まだ詳しいことは分からないんだが、とにかく僕はそれまで履いていたのと同じ古いハードタイヤセットを装着してピットアウトした。もちろん理想的な状況じゃない。ポジションを落とした上に、タイヤも古いんだからね。古いタイヤを装着していたためにリスタートで苦労し、さらにポジションを落とした。


 こういうことを後になってから批判するのは簡単なことだ。でも僕らチームは一心同体なのだし、いつもは彼らはこういう状況で確実な仕事をしてくれる。チーム内で調査し、ここから学習しよう。


 ジョージは今日、素晴らしい仕事をしたのにものすごく不運だったね。ああいうことがなければ、彼は勝っていたかもしれない。


 僕らチームにとって困難な一日だった。数日後のレースに向けて気持ちを切り替え、シーズンをいい形で締めくくるために全力を尽くすつもりだ。



(autosport web)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第1戦バーレーン 3/28
第2戦イタリア 4/18
第3戦TBC 5/2
第4戦スペイン 5/9
第5戦モナコ 5/23
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年シーズン展望号