F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1サクヒールGP木曜会見(1):「あの瞬間の記憶が頭から離れない」クビアト、グロージャンと接触後の苦悩を明かす

2020年12月4日

 F1第16戦サクヒールGPの木曜日のFIA会見では、1週間前の第15戦バーレーンGPで起きた事故に関する質問が多かった。


 スタート直後の3コーナーすぎで他車と接触し、ガードレールに大クラッシュ、大炎上したロマン・グロージャン(ハース)。幸いグロージャンは自力でコクピットを脱出し、大事には至らなかったが、F1界に与えた衝撃は少なくなかったからだ。


 そのなかでも、事故直後に非常にナーバスになっていたのが、グロージャンと接触していたダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)だった。


「彼が突然、僕の前を横切るように進路を変えてきたから、僕にはどうすることもできなかった。スタート直後によくあることで、最初は怒りを覚えた」というクビアトだが、その直後、事態は急変する。クビアトと接触したグロージャンのマシンはコースアウトし、ガードールへクラッシュ。直後に大炎上したからだ。


「彼が視界からいなくなってすぐ、ミラーで右後方を確認したら、大炎上していた」

2020年F1第15戦バーレーンGP決勝 ロマン・グロージャン(ハース)が大クラッシュ、マシンが炎上
2020年F1第15戦バーレーンGP決勝 ロマン・グロージャン(ハース)が大クラッシュ、マシンが炎上


 それを見たクビアトは、いままで味わったことがない奇妙なフィーリングになったという。


「だって、僕のレース人生であのような炎は見たことがなかった。ああいうものは、映画とかそういうシーンでしか見たことがなかったから本当にショックで動揺したよ」


 レースは赤旗となり、全車ピットレーンに戻ることになった。ピットレーンに帰還したクビアトはひどく混乱していた。もちろん、グロージャンの安否を案じていたからだ。


「とても怖かった。でも、ピットに戻ったら、チームのみんなから、『彼は大丈夫だから心配するな』と言われ、その映像を見て、ようやく安心することができた」


 しかし、あまりにも強いストレスを負ったクビアトの心は、なかなか正常に戻らなかった。


「あの瞬間の記憶が頭からこびりついて離れないんだ。気持ちを切り替えるまでに、かなり時間がかかった」と言うクビアトは、約1時間半後に「ようやくリセットボタンを押して、スタートを切ることができたよ」と、レース再開までの苦悩を、事故から4日経って、ようやく打ち明けてくれた。

ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP 決勝レースを10番手からスタートしたダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)



(Masahiro Owari)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サクヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 総集編