F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1甘口コラム 第14戦トルコGP:恵みの雨とならず、変化する路面に苦戦したレッドブルとアルファタウリ

2020年11月23日

 ホンダがパワーユニットを供給しているレッドブルの活躍を甘口&辛口のふたつの視点からそれぞれ評価する連載コラム。レッドブル・ホンダの走りを批評します。今回はF1第14戦トルコGPの週末を甘口の視点でジャッジ。

・・・・・・・・・・・・・・

 F1第14戦トルコGPは今シーズン初のウエットコンディテションで予選とレースが行われた。

 路面が雨で濡れて滑りやすいウエットコンディテションでは、エンジンの出力はドライコンディションよりも落ちるため、パワー面でほかのパワーユニットマニュファクチャラーとの差が出にくい。

 ホンダがF1に復帰した当初は雨が降ると、ドライコンディション時よりも良い成績をあげることが少なくなかった。2016年のオーストリアGPでジェンソン・バトン(マクラーレン)が当時ホンダとして復帰後最高位となる予選5番手を獲得したのは雨がらみの予選だった。また2018年のハンガリーGPと日本GPでトロロッソ・ホンダが2台そろってQ3に進出したのも、雨を味方につけた結果だった。

 しかし、トルコGPの予選ではアルファタウリ・ホンダはピエール・ガスリーが15番手、ダニール・クビアトが17番手に終わった。これはアルファタウリ・ホンダとして今シーズン最も悪い結果だった。

 ドライコンディションで行われた前戦エミリア・ロマーニャGPの予選では、アルファタウリの2台そろってQ3に進出していたことを考えると、トルコGPの予選結果は実力というよりも、何らかの理由で持てる力を十分に発揮できなかったと考えるのが自然だ。

 今回のトルコGPではレッドブル・ホンダの2台も予選とレースで、ともに実力を十分に発揮できずに終わった。それは「パワーユニット側で調整できるレベルではないほど、路面が滑りやすかった」(田辺テクニカルディレクター)ことが大きく影響していたように思う。

 つまり、ホンダ勢2チーム4台にとって、今回のイスタンブール・パーク・サーキットのウエットコンディテションは歓迎するような状況ではなかったわけである。それは裏を返せば、気がつけば、ホンダはもはやドライコンディションでライバルたちとほぼ互角に戦える戦闘力を備えていると言うことができるのではないだろうか。

(Masahiro Owari)




レース

12/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン347
2位バルテリ・ボッタス223
3位マックス・フェルスタッペン214
4位セルジオ・ペレス125
5位ダニエル・リカルド119
6位カルロス・サインツJr.105
7位アレクサンダー・アルボン105
8位シャルル・ルクレール98
9位ランド・ノリス97
10位ピエール・ガスリー75

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス573
2位レッドブル・ホンダ319
3位マクラーレン202
4位レーシングポイント195
5位ルノー181
6位フェラーリ131
7位アルファタウリ・ホンダ107
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サクヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 総集編