F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

クビアト、接触のアルボンに怒り「彼のプロらしくない行為でレースが台無しに」アルファタウリ・ホンダ【F1第11戦】

2020年10月12日

 2020年F1アイフェルGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのダニール・クビアトは15位だった。


 クビアトは13番グリッドからミディアムタイヤでスタート。ポジションを落とし序盤は15番手を走行、15周目には10番手まで上がっていたが、11番手のアルボンとのバトルのなかでコースオフ、コースに復帰した直後、オーバーテイクするアルボンに接触され、フロントウイングが破損してしまった。その状態で1周走り、ピットインして新しいウイングを装着し、ハードタイヤに交換して最後尾でコースに戻った。44周目にソフトタイヤに交換、最後まで最後尾から抜け出せず、15位フィニッシュとなった。スチュワードはアルボンに接触の責任があると判断し、5秒のタイムペナルティを科した。

2020年F1第11戦アイフェルGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第11戦アイフェルGP ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ダニール・クビアト 決勝=15位
 いい一日ではなかったね。アルボンと接触した瞬間、僕のレースは台無しになってしまった。彼が何をしたかったのか知らないが、その結果僕はフロントウイングを失い、マシンのフロアとブレーキダクトが大きなダメージを負った。


 フロントウイングなしでゆっくり1周してピットに戻らなければならず、ピットストップ作業もウイング交換で時間がかかった。そのためその後はもう僕にできることはなかった。マシンのダウンフォースが大幅に減ってしまっていて、残りの周回は本当に苦労した。


 雨が降るか、何かが起きて、他のマシンに追いつければいいなと思ったけれど、何も起きなかった。


 アルボンとのインシデントまでは好調で、とてもいいレースになりそうだっただけに残念だ。今日はいい結果を出せたはずだった。


(レース後の会見で語り)彼のあの動きは理解できない。いったい何をしているんだ? あれはプロらしからぬ行為だと思う。判断力が欠けている。レースのキャリアが長い、彼ほどのレベルのドライバーがあんなことをするなんて思いもしなかった。



(autosport web)




レース

10/9(金) フリー走行1回目 18:00〜19:30
フリー走行2回目 22:00〜23:30
10/10(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/11(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アイフェルGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン230
2位バルテリ・ボッタス161
3位マックス・フェルスタッペン147
4位ダニエル・リカルド78
5位セルジオ・ペレス68
6位ランド・ノリス65
7位アレクサンダー・アルボン64
8位シャルル・ルクレール63
9位ランス・ストロール57
10位ピエール・ガスリー53

チームランキング

※アイフェルGP終了時点
1位メルセデス391
2位レッドブル・ホンダ211
3位レーシングポイント120
4位マクラーレン116
5位ルノー114
6位フェラーリ80
7位アルファタウリ・ホンダ67
8位アルファロメオ5
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第11戦アイフェルGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第10戦ロシアGP号