F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1 Topic:現状維持のラインアップを最優先に考えるレッドブル代表。育成ドライバーへの特別な思いも

2020年9月27日

 2020年F1第10戦ロシアGP金曜日の会見で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)のレッドブル・ホンダ移籍の噂を一笑に付し、マックス・フェルスタッペンの残留に関しても、「私は100%マックスが2021年もレッドブルに残ると確信している」と自信を見せていたレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表。では、フェルスタッペンが残り、ハミルトンが来ないとすれば、もうひとつのレッドブル・ホンダのシートには誰が座るのだろうか。


 ホーナーによれば、「フェルスタッペンだけでなく、現在レッドブル・ホンダとアルファタウリ・ホンダでレースを戦っているほかの3人のドライバーとも、レッドブルは複数年契約を結んでいる」という。したがって、「我々がオプションを行使すれば、ほかの3人のドライバーを残留させることができる」ことになっている。


 では、そのオプションをどのように行使し、それぞれのドライバーをどこに配置させようとしているのか。すでにホーナーはピエール・ガスリーのレッドブル・ホンダ移籍には消極的な姿勢を見せているが、アレクサンダー・アルボンの残留も明言はしていない。

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第10戦ロシアGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)


 アルボンがプランAでガスリーはプランBなのか。それとも、イギリスでの2戦でセルジオ・ペレス(レーシングポイント)の代役として活躍したニコ・ヒュルケンベルグや、今シーズン限りでレーシングポイントを離れるペレスが、プランBなのだろうか。ホーナーは次のように語る。


「まずみなさんが気にしているピエール(・ガスリー)だが、彼はいま非常にいい仕事をアルファタウリとともに行っている。彼はチームにしっかりと溶け込んでおり、高いモチベーションでアルファタウリでのレースを楽しんでいる」


「私が以前言ったように(アルファタウリはレッドブルのジュニアチームではなく、これからは姉妹チームとなること)、アルファタウリには経験豊富なドライバーが必要となる。したがって、我々は現在のドライバーを優先する。アレックスが第一候補であることは間違いない。もちろん、それ以外のドライバーにも目を向けておかなければならないが、我々が優先すべきドライバーラインナップは現状を維持することだ」


 つまり、現時点でホーナーには、レッドブルとアルファタウリの2チームに、育成ドライバー以外からドライバーを連れてくる気持ちはないようだ。そこには、ホーナーの特別な思いがある。それは、育成ドライバーでありながら、F1のシートを与えられなかった者たちがいるからだ。そのひとりが、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタだ。

2019/2020ABBフォーミュラE選手権 第9戦 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)
2019/2020ABBフォーミュラE選手権 第9戦 チャンピオンに輝いたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター)


 2012年シーズンの途中からレッドブルの育成システムに入ったダ・コスタだが、2013年はフォーミュラ・ルノー3.5でケビン・マグヌッセン(現ハース)とストフェル・バンドーンの後塵を拝したことで、その年のGP3でチャンピオンになったダニール・クビアト(現アルファタウリ・ホンダ)とのシート争いに敗れ、F1昇格を逃した。


 その後、ダ・コスタはDTMドイツ・ツーリングカー選手権を経て、フォーミュラEに参戦。2019/2020シーズンで初の王者に輝いた。


「ダ・コスタにF1でレースをする機会を与えたかったが、チャンスがなかった。彼がF1で活躍するところを見たかった」(ホーナー)


 そのダ・コスタは、ロシアGPの前の週に開催されたル・マン24時間でも、LMP2クラスに参戦し、総合6位、クラス2位となった。そのル・マン24時間で総合優勝を果たし、表彰台の頂点に立ったのは、やはりレッドブルの育成システム出身のセバスチャン・ブエミとブレンドン・ハートレーだった。彼らふたりはF1でレースを戦ったものの、その後シートを失い、いまは新たな道を歩んでいる。


「我々が彼らをF1で走らせることができていないという現実を私は後悔していない。むしろ私は我々レッドブルが彼らにレースを戦うチャンスを早い段階で与え、芽を出させ、成長させたことを誇りに思う」


 現在、レッドブル育成ドライバーのひとりである角田裕毅は、ロシアGPと併催で行われたFIA-F2のフィーチャーレースで2位表彰台を獲得。ランキング4位に浮上した。多くの優秀なドライバーを抱えるレッドブルの育成システムのなかで、一際輝く存在となれるか。レッドブルのふたつ目のシートだけでなく、アルファタウリのふたつ目のシートにも注目したい。

2020年FIA-F2第10戦ロシア レース1 表彰台
2020年FIA-F2第10戦ロシア レース1 表彰台に上がった2位の角田裕毅(カーリン)と3位のカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)



(Masahiro Owari)




レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号