F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

松田次生のF1目線:舞台を移した二度目の3連戦。メルセデスマシンの一長一短

2020年8月24日

 ハミルトンはやっぱり持ってるよなあ、と思ったのが第4戦イギリスです。ボッタスは0ポイントなのに、ハミルトンは25ポイント。タイヤの壊れ方は、トレッド面はつながったままサイドウォールが切れるという状態でした。あれがトレッド面もイッていたら、タイヤの一部がフロントウイングを壊していた可能性が高く、そうしたら優勝は無理だったでしょう。

 たぶん、メルセデスはタイヤへの負荷が大きいのでしょうね。タイヤに優しいレッドブルやフェラーリはタイヤは問題ありませんでした。これは、それぞれのクルマのレーキも関係していると思っています。

 レッドブルのレーキは大きく、リヤストロークが多い。ということは足が動くので、タイヤにかかる負担は少なくすることが可能です。

 一方、メルセデスはレーキが少ないので、硬めの足になります。フロントのロッカーを繋いでリジットにして、イン側が浮きやすくなり、そうするとコーナーで引きずって温度が上がりブリスターもできやすくなるし、アウト側のタイヤへの荷重も大きくなるのです。ドライバーとしては向きを変えやすく、気持ちいいんですけどね。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号